EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

オラクル、「OCI」の包括的なクラウドセキュリティサービス/機能を拡張

  2022/05/25 14:40

 米オラクルは5月24日(米国時間)、「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」で提供するビルドイン・セキュリティ・サービスおよび機能の拡張を発表した。ビルドインのクラウドネイティブのファイアウォールサービス、「Oracle Cloud Guard」および「Oracle Security Zones」の強化を含む5つの機能を追加するという。

 同社は、クラウド・セキュリティ機能を拡張することで、新たな脅威やセキュリティ違反を迅速に特定し、それを撃退するための多層的な防御を提供する。主な新機能は次のとおり。

  • OCI Network Firewall:Palo Alto Networksの「VM Series Next Generation Firewallテクノロジー」(NGFW)を採用したクラウドネイティブなマネージド・ファイアウォール・サービスによって、OCI全体のサイバー攻撃に対する一元的な防御を提供
  • Oracle Threat Intelligence Servic:各種ソースからの脅威インテリジェンス・データを集約し、管理することで、「Oracle Cloud Guard」および、その他のOCIサービスでの脅威の検出と予防のための実用的なガイダンスを提供
  • Oracle Cloud Guard Threat Detector:誤った設定のリソース、顧客の環境間の安全でないアクティビティ、潜在的な悪意のある脅威アクティビティを特定し、クラウドのセキュリティ問題をトリアージ、解決するための可視性をセキュリティ管理者に提供
  • Oracle Security Zones:顧客定義のポリシーセットのサポートと、「Cloud Guard」による統合型セキュリティポスチャー監視によって「Oracle Security Zones」を拡張
  • Oracle Cloud Guard Fusion Applications Detector:OCIのクラウド・セキュリティ・ポスチャー管理を行う「Oracle Cloud Guard」を拡張して「Oracle Fusion Cloud Applications」も監視するようにし、顧客にセキュリティポリシーの統合ビューを提供

【関連記事】
東芝、グループ95社5万人以上が利用する基幹システム基盤に「OCI」を導入
SUBARU、大規模HPCワークロードを「OCI」に移行 開発コスト削減などを実現
大日本印刷、大規模基幹システムにオラクルのOCIを採用へ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5