EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

稼働率が99.95%を下回った場合に利用料金の10%分を減額 ニフティクラウド、サービス品質保証制度(SLA)を導入

  2010/11/30 15:00

ニフティは、今年1月から提供しているパブリック型クラウドコンピューティングサービス「ニフティクラウド」において、サービス品質保証制度(Service Level Agreement:SLA)を12月1日から導入する。
 

「ニフティクラウド」に導入するSLAは、月間の仮想サーバーの稼働率99.95%を保証。これは経済産業省が2008年1月に発表したSaaS向けSLAガイドラインを上回るサービス品質を保証するもの。稼働率が99.95%を下回った場合は当該月度分の「ニフティクラウド」利用料金の10%分を減額するという。

「ニフティクラウド」は、サービスを開始して以来、すでに500社以上の企業が利用しているパブリック型クラウドコンピューティングサービスであり、実ビジネスへのクラウドコンピューティング導入の拡大にともない、利用企業などからSLA導入の要望が増加していたという。

ニフティは、その要望に応えるかたちで運用保守体制を充実させ、今回のSLA導入を実現したとしている。

■ニフティクラウドのSLAの詳細
http://cloud.nifty.com/sla/
 

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5