SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2023 Summer | 価値創出のための「クラウド活用」&「ITモダナイズ」への一手

2023年6月21日(水)10:00~16:40

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

レッドハット、Java EE6完全対応のアプリケーション基盤「JBoss EAP 6.0」を提供開始

オンプレミスからクラウドまで一環したアプリケーション基盤を実現

「JBoss EAP 6.0」は、仮想環境やクラウド環境に求められるアプリケーション基盤としての軽量化、高速化によって水平方向のスケーラビリティを向上させているという。これにより、従来のオンプレミス環境で動作するアプリケーション基盤を仮想環境やクラウド環境でも迅速に展開でき、その結果、企業アプリケーションをオンプレミスからクラウド環境までを一環して同じJavaEE仕様のアプリケーション基盤で統一することができるとしている。

さらに、「JBoss EAP 6.0」は、レッドハットが進めるPaaS環境「OpenShift」のアプリケーション実行基盤としても採用されているため、これらのレッドハットのクラウドソリューションを利用することで、パブリッククラウド環境への企業アプリケーションの移行が容易になるという。

発表によると、「JBoss EAP 6.0」の主な特徴は次のとおり。

・仮想クラウド環境に適した軽量化、高速化を実現
 「JBoss EAP 6.0」は、仮想環境やクラウド環境でのシステムリソースの利用を最適化。初期起動は、3秒以内の高速化を実現し、簡単なアプリケーションであれば、初期構成の使用メモリでも50MBでも動作。これらの機能改善は、システムリソースの最適な利用することで実現しており、水平方向の高いスケーラビリティやサービス展開の俊敏性を求める仮想環境、クラウド環境での利用に最適。

・運用管理機能の向上
 「JBoss EAP 6.0」では、新しいドメイン管理の概念を導入。これにより、アプリケーションサーバの運用管理が格段に容易に。また、新しいコマンドラインインターフェース(CLI)が用意され、きめ細かい設定や処理の自動化を実現。さらに、同時にリリースされる「JBoss Operations Network 3.1」を活用することで、アプリケーションサーバの状態を監視する高度なモニタリング、アラート通知機能が利用可能。

・Java EE6への対応
 Java EE6に完全対応。Java EE6は、CDI(Context Dependency and Injection)をはじめ、JAX-RSをサポートするRESTfullサービスなどを実装し、開発生産性を向上することが可能。また、同時にリリースされる「JBoss Developer Studio 5.0」は、これらの開発生産性を高める新機能が盛り込まれ、「JBoss EAP 6.0」での開発生産性にさらに高めることが可能。

■「JBoss EAP 6.0」の詳細
http://jp.redhat.com/products/jbossenterprisemiddleware/application-platform/

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/4135 2012/08/02 14:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年6月21日(水)10:00~16:40

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング