EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

多様なDB、DWH等のメタデータを可視化、分析、最適化を効率化 エンバカデロ、データモデリングツールの最新版「ER/Studio XE3日本語版」を発表

  2013/05/29 11:30

エンバカデロ・テクノロジーズは、データモデリングツールの最新バージョン「ER/Studio XE3日本語版」を発表した。新バージョンは、5月29日から販売を開始し、6月4日から出荷を開始する予定。
 

「ER/Studio」は、多くの企業、開発プロジェクトで採用された実績を持つデータモデリングツールで、多様なデータベース、データウェアハウス等のメタデータを可視化、分析、最適化を効率化するという。

「ER/Studio XE3」は、エンバカデロが推進するデータガバナンス戦略のサポートの一環として機能強化されているという。「ER/Studio XE3」は、複数のシステムに点在するデータの結び付きを可視化し、企業内に日々蓄積されていく膨大な量のデータを正確な理解とを可能にするとしている。

「ER/Studio XE3日本語版」の主な機能は次のとおり。

・物理、論理、概念モデル間のエンタープライズモデリングと影響分析のための高度なユニバーサルマッピング機能

・完全なフォワード/リバースエンジニアリングを可能にするカスタムデータ型の作成機能

・Microsoft SQL Server 2012のサポートとビッグデータプラットフォームTeradata、IBM Netezzaの新バージョンならびにEMC Greenplumをサポート

・動作環境としてMicrosoft Windows 8をサポート

・ユーザーインターフェイスの改善、新しい検索エンジンの搭載により新しくなったER/Portal

「ER/Studio」は、18種類以上のデータベースの複数バージョンに対応しており、それぞれのデータベースからスキーマ情報を取得して、データ設計を可視化できるという。設計情報は、データベース固有の物理図と、データベース実装に依存しない論理図を複数持つことができ、異なるデータベースへの移行や、プラットフォームを超えたデータ設計の共通化に用いることが可能。

「ER/Studio」は、Teradata、IBM Netezza、EMC Greenplumに対応しており、ビッグデータにおけるメタデータ管理も最適化できるという。主要なビッグデータプラットフォームのデータ設計を効率的に管理するとともに、データの抽出や変換のルールも可視化できるという。

「ER/Studio」には、フル機能を搭載し、マルチプラットフォームデータベースをサポートした「XE3」のほかに、単一データベースまたは複数データベースをサポートしたデータモデリング専用ツール「Data Architect」が用意されている。「XE3」と「Data Architect」の違いは次のとおり。

・ER/Studio XE3:プロセスモデリングからデータモデリング、アプリケーションモデリングまでをカバー。マルチプラットフォームデータベースをサポート。
(価格:960,000円~)

・ER/Studio Data Architect:データモデリングをサポート。接続できるデータベースの種類に応じて、単一プラットフォーム版とマルチプラットフォーム版を用意。
(価格:180,000円~)

■製品の詳細
http://www.embarcadero.com/jp/products/er-studio

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5