SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本IBM、データセンター向け高密度サーバー「IBM NeXtScale System」を発表

システム構成の自由度を高めるとともに、1Uあたり3倍のコア数を実現

「NeXtScale System」は、データセンターやクラウド・サービスなどの大規模なコンピューティング環境や、金融、製造、エネルギー、医療、学術などの高いコンピューティング能力を必要とする分野に適した製品だという。この製品の最小構成価格は、1,260,000円(税別)で、9月11から日本IBMおよびIBMパートナーから販売し、10月28日から出荷を開始する予定だという。

「NeXtScale System」は、データセンターをはじめとする大規模なコンピューティング環境において、ビジネス環境の変化に適したシステム構成の自由度、シンプルで効率的な運用・管理、小規模な導入から開始ができる高い拡張性を提供する高密度サーバーだという。

発表によると「NeXtScale System」の主な特徴は次のとおり。

・高い集約密度
 19インチ標準ラックに搭載可能な6Uサイズの「IBM NeXtScale n1200 エンクロージャー」にコンポーネントを格納してシステムを構成。各コンポーネントはハーフサイズに統一されるため、用途に合わせた柔軟なシステム構成が可能。今回発表されたのは、同エンクロージャーと1Uハーフサイズのコンピュート・ノード「IBM NeXtScale nx360 M4」の2種類。 

 「NeXtScale nx360 M4」は、Intel XeonプロセッサーE5-2600 v2製品ファミリーを搭載し、1Uあたりに従来比3倍のコア数の搭載が可能。一般的な42 U標準ラックに最大84台、2,016コアを搭載可能であり、データセンターにおけるサーバー設置スペースを節約。また、電源や冷却ファンなどの部品はエンクロージャー内で共有でき、システム全体の部品数を削減することで重量を軽減。

・省電力
 電源や冷却ファンなどの部品数の削減により、従来の1Uラック型サーバーと比べて、システムの消費電力を5%~10%削減。さらに40度の環境温度でも稼働が可能なため、空調などの電力消費を軽減。これにより、データセンターにおける供給電力量によって制限されていたラックあたりのサーバー搭載台数を増やすことができ、データセンターの稼働率が向上。

・システム構成の自由度
 「NeXtScale nx360 M4」がサーバーの基本機能を提供し、ビジネス環境の変化などに応じて、大容量の画像をより高速に処理するため、画像処理向け補助演算装置「Graphics Processing Unit (GPU)」を汎用化した「General-Purpose computing on GPU(GPGPU)」、ストレージなどの拡張ユニットによる増強が可能。また、オープン・スタンダードへの準拠により、他のシステムとの連携を容易に。

・シンプルで効率的な運用・管理
 各コンピュート・ノードに搭載した最新の統合管理モジュール「Integrated Management Module(IMM)」や、運用管理者が筐体の前面でネットワーク接続と操作をすることを想定したハードウェア・デザインにより、データセンター、クラウド、ホスティング事業者による運用・管理の効率化を支援。

・小規模な導入から開始可能な高い拡張性
 ノード単体からエンクロージャーを組み込んだラックやコンテナ単位の構成まで、ユーザーの要望に従って提供可能。また、製品導入時の検証を簡素化し、導入時間を短縮するため、IBMの事前構成・検証済みソリューション「IBM Intelligent Clusterソリューション」を提供。

同時に、x86サーバー「IBM System x」シリーズの新製品も発表された。

新製品「IBM System x3650 M4 HD」は、高性能・高密度な2ソケット・2Uのサーバーだという。この製品は、ビッグデータをはじめとするデータ解析やERPなどの高度なストレージ集約型アプリケーションの利用において、優れたパフォーマンスと高速なデータ・アクセスを内蔵ストレージ環境で提供するとしている。

この製品の最小構成価格は、490,000円(税別)で、9月11日から販売し、11月29日から出荷される予定。

■「IBM NeXtScale System」の詳細
http://www.ibm.com/systems/jp/x/announcement/201309_announce.shtml

■「IBM System x」の詳細
http://www.ibm.com/systems/jp/x/

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/5124 2013/09/11 13:34

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング