SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

EMCジャパンが2015年事業方針を発表「プラットフォーム2.5」を基軸に

EMCジャパン株式会社 代表取締役社長 大塚 俊彦氏

 EMCジャパンは、「第3のプラットフォーム」を強力に推進していくとともに、「プラットフォーム2.5」という新基軸を打ち出し、「第3のプラットフォーム」に必要とされる技術を活用して、現行ITプラットフォームの進化にフォーカスしていくことを発表した。この新基軸は、従来のITプラットフォームからクラウド、ビッグデータ、モバイル、ソーシャルメディアの4つの軸からなる 「第3のプラットフォーム」に移行していくうえで、重要な繋ぎの役割を果たしていくというもの。

 「プラットフォーム2.5とは、今のお客様企業の基幹のシステム環境を、より堅牢かつよりコスト効率の高いものへと強化するために、第3のプラットフォームのテクノロジーを、第2のプラットフォームに移植していくためのもの」(EMCジャパン株式会社 代表取締役社長 大塚俊彦氏)

 そのために、EMCグループとしてのフェデレーション(連携)も強化し、EMC II(イーエムシーアイアイ)、VMware、Pivotal、RSA、VCEの各グループ企業および事業部が、営業およびソリューション連携を一層強化するという。

 2015年の重点施策として、フラッシュ製品(XtremIO)、ビッグデータ/データレイク向けソリューション(Isilon, Elastic Cloud Storage)、Software-Defined製品(ScaleIO、ViPR)、コンバージド インフラストラクチャ(CI)、ハイブリッド クラウド向けソリューションなどの領域を拡充していく。

 また、これまでの製品主導の営業体制だけでなく、今後は顧客との対話やビジネスの価値を提供することを重視したソリューション型の営業を強化していくとともに、製品特化型営業、サービスプロバイダ向け事業も強化していくという。

Platform 2.5 + Platform 3

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6522 2015/01/29 18:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング