Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Dell EMC、「SCオールフラッシュ」アレイと「Unity」ソフトウェアのアップデートを発表

  2017/11/29 16:00

 デルとEMCジャパンは、「Dell EMC SCオールフラッシュ」ストレージアレイの発表と、ブロックおよびファイル混在型ワークロードの効率向上とコスト削減を促進するために設計された「Dell EMC Unity」ソフトウェアアップデートを発表した。さらに、将来にわたり柔軟なサポートを提供する新しい「Future-Proof Storage Loyalty Program」を発表した。

「SCオールフラッシュ」

 「SCオールフラッシュ」ストレージアレイは、データセンターをモダナイズ(最新鋭化)し、既存アプリケーションからより優れたスピード、効率、コスト削減効果を引き出すという。また、新しいフラッシュ対応のユースケースとワークロードをサポートする環境への扉を開く、パフォーマンスとエンタープライズ環境対応の機能を提供する。

 3Uアプライアンスとして提供される「SC5020F」と「SC7020F」は、デュアルアクティブ/アクティブコントローラ、8コア Intel Xeonプロセッサー、最大256GBのメモリ、10GB iSCSIおよび16/32GB FCネットワーク接続用のマルチプロトコルサポートに加え、次の機能を提供する。

  • オールフラッシュのパフォーマンス:アレイあたり最大399,000 IOPS、マルチアレイフェデレーションクラスタあたり390万の合計IOPSを実現。
  • データモビリティ、スケール、保護の連携:自動フェールオーバーによる内蔵のビジネス継続機能を含め、簡単で無停止にワークロードの移行とロードバランスを実現するフェデレーションマルチアレイクラスタへのリンクが可能な状態で提供。
  • 自己最適化による効率性:インテリジェントなデータ重複排除と圧縮、RAIDティアリング、広範囲なシンプロビジョニングによって、自動的にコスト削減効果が得られる。
  • オールインクルーシブソフトウェア:追加ソフトウェアライセンスの購入や維持は不要で、「SCシリーズ」のすべての高度な機能を利用可能。

「Dell EMC Unity」

 「Dell EMC Unity」は、シンプルさとオールフラッシュのパフォーマンスを実現し、SAN-NASの統合環境をサポートできるように設計されており、導入をスピードアップし、管理を合理化し、クラウドへのストレージをシームレスに階層化できる。

 「Dell EMC Unity v4.3 OS」は、コスト削減につながる重複排除機能とともに、無停止にシステムアップグレードとファイルの同期化をサポートする新しいテクノロジーを利用できる。最新版の特徴は次のとおり。

  • インライン重複排除機能の追加によってオールフラッシュの効率が向上
  • 同期的なファイル レプリケーションによってデータロスゼロのビジネス継続性を実現
  • データに影響を与えることのないストレージコントローラのアップグレードがオンラインで可能に

「Future-Proof Storage Loyalty Program」

 新しい「Dell EMC Future-Proof Storage Loyalty Program」は、ストレージアレイのライフサイクル全体を通して保証と価値を提供するためのプログラムで、3年間の保証とともに、オールインクルーシブソフトウェア、ハードウェア投資保護、ストレージ効率性保証、安心なデータ移行といった特典を提供する。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5