SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press(PR)

日本マイクロソフトが「Microsoft Azure 徹底活用フェス@渋谷」を開催、Azure Stack専用エリアも併設

 日本マイクロソフトは2017年11月28日、同社のクラウドサービスMicrosoft Azureの徹底活用をテーマに「Microsoft Azure 徹底活用フェス@渋谷」を開催した。第2回目となる今回のイベントでは、ハイブリッドクラウド基盤の選択肢として注目されているAzure Stack専用エリアも併設。Microsoft Azureをベースにソリューションを展開している国内のシステムインテグレーターが集結し、展示も多数披露された。本記事では、イベント会場で実施されたセッションの概要を紹介する。

渋谷ヒカリエホールで開催された「Microsoft Azure 徹底活用フェス@渋谷」の会場の様子
第2回目となる今回は、Azure Stack専用エリアも併設された。Microsoft Azureをベースにソリューションを展開している国内のシステムインテグレーターが集結し、展示も多数披露された。

AI時代のビッグデータウェアハウス

 AIやIoTなど、クラウドでのデータの活用の幅が広がっていく中、柔軟なクラウド上でのデータウェアハウスの重要性が増している。セッションでは、これからのデータ活用の基盤となる、スケーラブルなクラウドデータウェアハウス「Azure SQL Data Warehouse」について紹介した。

講師:日本マイクロソフト株式会社 データ & クラウドAIアーキテクト技術本部
クラウド ソリューション アーキテクト 高木 英朗氏

失敗しない社内システムのクラウドお引越し ~正しいLift and Shiftとは~

 クラウドの導入を検討するとき、必ず懸案となるのが社内システムのクラウドマイグレーション (引越し) 。 多くの引っ越しプロジェクトはなぜ失敗するのか、その原因やどのように考え、何を準備し、どう進めるとよいのか。セッションでは、定番の失敗する検討テーマ、失敗をしないためのプロジェクトの進め方、クラウド環境の特長を活かしたシナリオ、お引越しの実践、導入プロジェクトで検討すべきサービス群などについて解説した。

講師:日本マイクロソフト株式会社 Azureテクニカル ソリューション プロフェッショナル
吉田 雄哉氏

サーバー管理不要!Azure PaaSではじめる、モダンWeb/Mobileアプリケーション開発のベストプラクティス

 マイクロサービスやサーバーレス、そしてDevOpsにテスト駆動開発。クラウド時代に適したアーキテクチャや開発手法は様々だ。しかし、いざ始めようと思っても何から手を付けてたら良いのか整理ができないまま、言葉だけが一人歩きしてしまうケースが多い。セッションでは、クラウド時代を生き抜くうえで知るべきアプリケーション開発について、Azure PaaSのデモを交えながら解説した。

講師:日本マイクロソフト株式会社 インテリジェントクラウド統括本部
テクノロジー ソリューション プロフェッショナル 服部 佑樹氏

Azure仮想マシンにおける運用管理・高可用性設計のベストプラクティス

 オンプレミスと同様に、Azure仮想マシン活用するにあたっても、運用管理や可用性、セキュリティなどは極めて重要なテーマとなっている。セッションでは、Azure仮想マシンを安全安心に利用するために必要な基本的な考え方と、Azureが提供するバックアップや災害対策、セキュリティなどの各種運用管理サービスについて解説した。

講師:日本マイクロソフト株式会社 テクニカルソリューションプロフェッショナル
グローバル ブラックベルト セールス 大井 雄介氏

Mobile-first、Cloud-firstのその先へ ~AIとBI、そしてAzureで実践するアプリケーション モダナイゼーション

 アプリケーション開発をとりまく技術トレンドがクラウドを中心に大きく変化している今、クラウド ネイティブ アプリケーションとしての技術選択や設計が重要になる。セッションでは、身近になったAIとBI、そして、コンテナーやサーバーレスを利用したアプリケーションのモダナイズ手法について解説した。

講師:日本マイクロソフト株式会社 テクニカルエバンジェリスト
デベロッパー エバンジェリズム統括本部 井上 章氏

Introduction to GitHub Enterprise

 OSSプロジェクトを中心に世界中のユーザーに受け入れられているGitHub。企業におけるソフトウェア開発でも多く利用されている。GitHub Enterpriseは、企業におけるソフトウェア開発で必要なコンプライアンス要件をクリアしながら、最先端のモダンな開発フローを取り入れることを可能にするという。また、GitHub EnterpriseはVisual StudioやAzureといったMicrosoft製品ともよく連携し、スムーズな開発フローを構築できるのも特徴だという。セッションでは、GitHub EnterpriseとVisual Studio、Azureを組み合わせて利用するデモを交えながら、企業利用におけるメリットを解説した。

講師:GitHub ソリューションエンジニア 池田 尚史氏

ソニービデオ&サウンドプロダクツにおけるAzureを用いた組み込みソフトウェア開発手法の紹介

 GitHubを活用したCI/CDおよびコードレビューを円滑化するために、ソニービデオ&サウンドプロダクツではAzureを導入した。Pull-Requestのレビューをする前にF/Wビルド・テストなどの自動チェックを行うことで、現場エンジニアの負担を軽減し、開発ブランチが安定化する工夫をしているという。セッションではAzureを現場導入して2年間で得られた同社のベストプラクティスを紹介した。

講師:ソニービデオ&サウンドプロダクツ株式会社
プラットフォームソフトウェア開発部 大崎 泰寛氏

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/10168 2017/12/15 10:13

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング