Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

CTC、VMware vSANを利用したハイパーコンバージドソリューションを提供開始

2017/12/26 15:30

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、ソフトウェアで高度なストレージ機能を実現するSoftware Defined StorageプラットフォームVMware vSANを利用した拡張性の高いハイパーコンバージドソリューション「VMware HCI」を12月26日から提供すると発表した。大規模なストレージや手間のかかる設定を必要とせず、仮想化環境を増強することが可能なハイパーコンバージドインフラストラクチャを実現するソリューションで、小規模から大規模なシステムまで柔軟に対応するという。

 仮想化技術やビッグデータの普及に伴い、データを保存するストレージに対する要望は、処理速度や拡張性、コスト面でのメリットなど重視される要件が多様化している。サーバに内蔵されたハードディスクやSSD(Solid State Drive)を使用して、仮想化環境の共有ストレージを実現するハイパーコンバージドインフラストラクチャは、初期投資を安価に抑えられ、使用状況に応じて柔軟に拡張できる仮想化ソリューションとして注目が集まっている。

 「VMware HCI」は、サーバの内蔵ディスクを仮想化環境の共有ストレージとして管理するためのソフトウェアVMware vSANを中心に、仮想化環境を管理するVMware vSphereおよびVMware vCenterを組み合わせたVMware社が提供するハイパーコンバージドインフラストラクチャになる。

 ストレージを管理するvSANを仮想サーバの管理機能に統合したことで、専用ストレージに関する専門知識がなくても、運用しやすく、柔軟に拡張でき、障害に耐性のある仮想環境のためのストレージを構築することができるとしている。

 CTCが提供するハイパーコンバージドソリューションは、VMware社との戦略的提携に基づいて提供される「VMware HCI」とシスコ社やDell EMC社製サーバ、CTC独自開発ソフトウェアなどを組み合わせた検証済みモデル。CTCは、製品と合せて、仮想化やネットワークなどの設定を含めた構築支援から、ソフトウェアおよびハードウェアの統一的な保守サポートまでトータルなサービスを提供する。

 構築した仮想化環境でストレージを含めたリソースが不足してもサーバを追加することで対応ができ、使用状況に必要十分な環境を用意することが可能になる。

 CTCの独自開発ソフトウェアを搭載したオプションは、障害発生に伴う業務を自動化する「Avail-I」で、今後は、企業向け文書情報管理システム「EIMANAGER」に加え、さらなるハイパーコンバージドソリューションで提供するソフトウェアやハードウェアを拡充していく予定だという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5