Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

国内エンタープライズストレージシステム市場、2017年は前年比2.3%減で2,988億円規模と予測――IDC発表

2018/01/11 15:00

 IDC Japanは、国内エンタープライズストレージシステム市場(外付型、サーバー内蔵型、ODM Directを含む)の主要産業分野別予測のアップデートを発表した。

2016年~2021年の年間平均成長率は 0.2%、2021年は3,084億1,700万円へ

 これによると、2017年の上半期の実績を反映した結果、2017年の国内エンタープライズストレージシステム市場規模は2,988億2,800万円と予測している。2017年は、官公庁/自治体における支出減などにより、前年比成長率がマイナス2.3%で、2016年に続きマイナス成長になるとみている。

 また、2021年の国内エンタープライズストレージシステム市場規模は3,084億1,700万円で、2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は0.2%になると予測している。

 2021年において、支出額が300億円を超える主要な産業分野は、支出額が多い順に金融、製造、情報サービス、通信/メディア、官公庁/自治体の5分野だった。これは2016年と比べ、情報サービスにおける支出増と官公庁/自治体における支出の抑制のため、それぞれの順位が入れ替わっている。

情報サービスでは支出が増加するも、外付型からサーバー内蔵型へのシフトが加速

 情報サービスにおける支出増は、他の産業分野におけるストレージ需要がクラウドサービスへより一層シフトすることで発生している。クラウドサービス事業者は主に情報サービスに属すため、クラウドサービスへのシフトにより、情報サービスにおける支出が増加し、他の産業分野の支出が抑制される。なお、支出が増加する情報サービスにおいても、規模の経済を追求するため外付型からODM Directやサーバー内蔵型へのシフトが進むと考えられる。

 そのため、ストレージベンダーはユーザーに対してクラウドへのシフトを前提とした提案が求められる。IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ マーケットアナリストの加藤慎也氏は「クラウドへのシフトのインパクトを勘案して予測を下方修正したストレージ市場では、ストレージベンダー自身のデジタルトランスフォーメーションが求められている。ストレージベンダーは自社のビジネスの将来像を示し、その方針を製品や支出モデルの多様化へ反映していくことで、産業分野ごとに異なるデータマネジメントの需要を、着実に自社のビジネスに繋げていくことができる」と分析している。

参考資料:国内エンタープライズストレージシステム市場 産業分野別 支出額予測、2021年(作成:IDC Japan)

 今回の発表は、IDCが発行したレポート「国内エンタープライズストレージシステム市場 産業分野別予測アップデート、2017年~2021年」にその詳細が報告されている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5