Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

サイバーソリューションズ、「CyberMail」の標的型攻撃メール対策にクラウド型「サンドボックス」機能を実装

2018/01/16 15:00

 サイバーソリューションズは、統合型メールサーバシステム「CyberMail」に、アンチウイルス機能強化として、新たに高度な脅威に対処するクラウド型の「サンドボックス機能」を追加し、2月から提供開始することを発表した。

 サイバーソリューションズは、 2016年12月よりアンチウイルス機能強化として「Cloud Live Protection機能」を提供しており、今回追加する「サンドボックス機能」により、セキュリティレベルをさらに強化するという。

 「サンドボックス機能」では、ランサムウェアのほか、実行ファイルやPDF、MS Officeドキュメントに見せかけた高度な脅威が企業のネットワークに侵入する前に、クラウド上の仮想領域 (サンドボックス)に隔離し、数億のサンプルを使ったトレーニングが施されているより大きな検出効果を発揮できるディープラーニング技術を利用して、数分で安全かどうか確認し適切な対処を行う。業務への影響を最小限に抑え、メールによるマルウェアの新しい大規模感染を阻止できるとしている。

 「CyberMail V7 アンチウイルス サンドボックスオプション」は2月1日から提供される。また、クラウド型メールサービス「CYBERMAILΣ アンチウイルス サンドボックスオプション」は6月頃に実装される予定だ。

 発表されたオプションの動作概要は次のとおり。

  • 定義ファイルを利用してファイルのスキャンを実施
  • 定義ファイルで検知できないファイルに対してCloud Live Protectionを利用したスキャンを実施
  • Cloud Live Protectionで検知できないファイルに対してCloud Sandstormを利用したスキャンを実施
  • サンドボックス環境内で実行され検証結果により、悪意のあるファイルをブロック、安全なファイルをリリース
CyberMailアンチウイルス サンドボックスオプションのイメージ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5