Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NTT Com、日立製作所のネットワークインフラに1,000拠点国内最大規模のSD-WANソリューションを提供

2018/01/18 14:00

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、日立製作所が運用する日立グループのグローバルネットワーク「GWAN」において、日本国内としては最大規模となる1,000拠点に対し、1月22日からSD-WANソリューションの提供を順次開始することを発表した。

 このソリューションは、NTT ComのSD-WANラインアップの1つで、NTTPCコミュニケーションズが提供する「Master's ONE CloudWAN」を活用している。

 日立グループは、世界約40の国と地域で利用されているネットワークインフラの「GWAN」においては、ネットワーク構成や機器の設定を迅速に変更することに加えて、セキュリティをより強化するといった柔軟性と堅牢性の両面を実現する課題があったという。その課題を解決し、日立グループの事業領域の拡大を支えるため、NTT Comはこのソリューションを提供するという。

 ■SD-WANソリューションの概要と特徴

 SD-WANは、ネットワークをソフトウェアで制御する「SDN」技術をWANに適用し、通信内容に応じて、MPLSなどの閉域ネットワークとインターネットを自動的に振り分けて使うなど、柔軟なネットワーク環境を実現する技術になる。

 (1) アジリティ向上

 コントロールパネルでの操作により、1,000拠点のネットワーク構成やルーターなどの設定変更を数十秒から5分程度で完了でき、拠点の増減に合わせた柔軟かつ迅速な対応が可能になる。これにより、日立グループのビジネススピードに合わせて、「GWAN」を柔軟に運用することが可能になる。

 (2) ネットワーク帯域の最適化

 パブリッククラウドなどのインターネットを利用する通信を、データセンターからではなく拠点から直接行うインターネットブレイクアウト機能により、「GWAN」のネットワーク帯域を最適化する。

 (3) セキュリティ強化

 このソリューションのセグメンテーション機能を利用することで、システムやグループ会社単位にネットワークを分割することできる。これにより、例えば、グループ会社にサイバー攻撃が起きた場合でも、影響範囲を「GWAN」全体に波及させることなく最小限に抑えられる。

SD-WANソリューションの構成イメージ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5