Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ユニアデックス、「U-Cloudフェデレーション」シリーズに高速転送ツールHULFTによる「データ転送サービス」を追加

2018/01/18 15:30

 ユニアデックスは、日本ユニシスグループが提供するクラウドサービス「U-Cloud IaaS」のサービスカテゴリー「U-Cloudフェデレーション」シリーズに、「データ連携サービス」「ジョブ管理サービス」に続くメニューとして「データ転送サービス」を加え、1月18日から販売開始した。

 「U-Cloud IaaS」の利用に際して、基幹系システムのデータを情報系システムで活用するなどといった、ハイブリッドクラウド利用形態では、「U-Cloud IaaS」上のシステムとオンプレミスや他のクラウドサービスとのシステム間でデータの送受信をすることが求められる。また、クラウドサービスとIoTゲートウエイや各種デバイスとの間でデータの送受信をすることも求められていた。

 これらのニーズに対応するためには、「ファイル転送異常時のリカバリー」「不正なファイル転送や不正ファイルアクセスの管理」「ネットワーク帯域圧迫への対処」など、システム間のデータ転送において対処すべき課題があったという。

 このたび提供開始する「データ転送サービス」は、「ファイル再転送機能」「暗号化通信と詳細な操作履歴記録」「データ圧縮と転送速度の自動最適化」の機能を保有している。これらの機能を実現させるために、セゾン情報システムズのミドルウェアHULFTを採用し、クラウド型で提供する。

 さらに、「データ連携サービス」「ジョブ管理サービス」と組み合わせて利用することにより、ハイブリッド環境のシームレスなシステム連携が可能になるとしている。

 「データ転送サービス」には、Linuxライセンス、Windowsライセンスのほか、初期設定サービスが用意されている。

「データ転送サービス」の概念図

 ■「データ転送サービス」の特徴

 1. 確実なファイル転送:ファイル転送時に異常が発生し転送が失敗した場合、異常箇所からファイルの再転送を行う。

 2. 高度なセキュリティー:標準で暗号化通信を提供。また、ファイルアクセスログやコマンド実行ログなど、ファイル送受信に関わる詳細な操作履歴を記録し、不正なファイル転送や不正ファイルアクセスを管理。

 3. ネットワークの負荷軽減:データを圧縮してファイル転送をすることで、ネットワークに与える負荷を軽減し、ファイル転送時間も短縮できる。

 4. 履歴参照・状況表示:ファイルの集配信や送信要求の受付など、ファイル送受信に関連する操作記録をログファイルに出力し、GUI画面から確認できる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5