Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本ヒューレット・パッカードと日商エレ、トータルITサービス「HPE Pointnext」を共同展開

  2018/01/25 16:00

 日本ヒューレット・パッカードは、日商エレクトロニクスと、2017年3月に米国ヒューレット パッカード エンタープライズ(HPE)がワールドワイドで発表した「HPE Pointnext」と日商エレが持つ技術力を組み合わせた、新しいトータルITサービスを1月25日から国内で展開することを発表した。

 「HPE Pointnext」は、HPEの80か国25,000人を超えるITエキスパートが30の言語を通じてハイブリッドITやクラウドコンピューティング、Intelligent Edge、IoTなどのコンサルティングや設計、実装から運用サービスまで、各種サービスを提供するもの。

 一方、日商エレは、これまで「Innovation-Leading Company」としてテクノロジーや製品を海外で発掘し日本市場への普及、展開をしてきた。日本ヒューレット・パッカードの「HPE Pointnext」と日商エレのノウハウとを融合し、企業のデジタルトランスフォーメーションを加速させる新たなトータルITサービスを国内で展開する。

 具体的には「コンサルティング」「デリバリー」「サポート」「Pay as you grow/従量課金」を中心とした6つのサービスを展開することで、デジタルを活用したビジネス変革を促進するとしている。

日本ヒューレット・パッカードと日商エレが展開する6つのサービス

 ■コンサルティング

 1. プラットフォーム自動化に向けたアドバイザリーサービス

 現状のシステム運用プロセスのアセスメントを通して、企業と一緒にプロセスを可視化し、自動化できるタスクを整理、運用自動化を中心に据えた自動化プラットフォームを提案。

 2. 各種アセスメントサービス

 デスクトップ、サーバー、ネットワーク、セキュリティ基盤において、ツールを活用した現状環境のアセスメントを行うことで、課題の可視化や原因の特定、最適化に向けた提案を行う。

 ■デリバリー

 3. ハイブリッドクラウド基盤の設計・構築サービス

 ハイブリッドクラウド基盤、たとえば今後のクラウドとの連携(AzureやAWS)を見据えた、オンプレミス基盤の設計・構築サービスを行い、日々変化する市場ニーズへの迅速な対応を支援。

 4. IoTビジネス基盤の設計・構築サービス

 IoT時代のビジネス基盤においても、デバイス、エッジコンピューティング、アプリケーション、インフラ、日々増加するデータに対応した分散環境における、監視、管理、運用自動化の設計・構築を行う。

 ■サポート

 5. プレミアサポートサービス

 各メーカーが提供する保守ではカバーしきれないシステム単位での包括的な技術サポートについて、テクニカルアカウントマネージャーがサポート。また、マルチベンダー保守についても、一括窓口による保守対応を行うことで、企業を複雑な保守フローから開放する。

 ■従量課金

 6. Pay as you grow(従量課金)サービス

 物理サーバー/仮想マシン単位、Core使用率単位、さらにGB/TB単位、SANポート単位など、使用した分だけ支払う月額料金体系で、オンプレミスITのメリットをクラウドライクにサービス提供。HPE製品だけではないマルチプロダクト環境においてもサービス提供可能。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5