Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

国内パブリッククラウドサービス市場、2022年まで年間平均成長率22.9%で市場規模は2017年の2.8倍に――IDC予測

2018/04/02 14:30

 IDC Japanは、国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表した。これによると、2017年の国内パブリッククラウドサービス市場規模は、前年比29.8%増の5,016億円となった。また、2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は22.9%で推移し、2022年の市場規模は2017年比2.8倍の1兆4,065億円になるとIDCは予測している。

IaaSは高成長を遂げ最大のサービスセグメントに

 2017年の国内パブリッククラウドサービス市場では、利用中のエンタープライズアプリケーションを可能な限り変更を加えることなくパブリッククラウドへ移行する「Lift & Shift」が活性化し、高い成長を遂げた。なかでも、IaaSの成長は高く、先行して普及してきたSaaSの市場規模を超えて、最大のサービスセグメントとなった。

 2017年の国内IT市場において、デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)が高い注目を集めたことは言うまでもない。DXアプリケーションは、その開発に業務担当者の関与が必須であると共に、優れた拡張性/柔軟性/連携性と短いサイクルでのリリースが重要となっている。

 そのため、「DevOps」や「Low Code/No Code(高度なプログラミング/コーディングなどを行わずに、アプリケーション開発を行うこと)」に対する注目も高まっている。現在、DevOpsやLow Code/No Codeを実践する環境として、PaaSは著しく発展している。

 さらには、近年、高い注目を集めている「コグニティブ/AIシステム」「IoTプラットフォーム」「APIエコノミー」に対応したPaaSは、本格的な提供が始まっている。これらのことから、PaaSの発展が今後の国内パブリッククラウドサービス市場の成長を促進する大きな要因になるとIDCはみている。

DXに関わる利用の拡大が今後の市場成長を促進する重要な要因

 現在の国内パブリッククラウドサービス市場の成長を牽引しているのは、従来型ITからの移行になる。また、DXに関わる利用の拡大が、今後の同市場の成長を促進する重要な要因となる。

 IDC Japan ITサービス リサーチディレクターの松本聡氏は「従来型ITからクラウドへの単純な移行では、これまでのIT戦略の延長線上で、従来のビジネス慣習でも対応できることもあった。しかし、DX案件ではビジネスの俊敏性や連携性が重要となり、新たなビジネスアプローチが求められる。このことは、ITサプライヤーおよびITバイヤーに共通した課題である」と述べている。

参考資料:国内パブリッククラウドサービス市場 売上額予測、2017年~2022年(作成:IDC Japan)

 今回の発表は、IDCが発行したレポート「国内パブリッククラウドサービス市場予測、2018年~2022年」にその詳細が報告されている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5