Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ウイングアーク1st、日立の帳票ソフト「EUR」の資産を取得し、2020年をめどに「SVF」との統合を推進

2018/04/18 15:15

 ウイングアーク1stは、日立製作所と帳票分野での戦略的提携に合意し、ウイングアークが日立の保有する帳票ソフト「EUR」の資産を取得し、今後、「SVF」および「EUR」を含めた帳票分野における製品やサービスを積極的に展開すると発表した。

 日立が保有する帳票ソフト「EUR」の資産取得に伴い、ウイングアークは2020年3月をめどに「EUR」を「SVF」のラインナップとして統合を進めていくという。日立は、ウイングアークからOEM提供を受ける形で「EUR」を販売し、加えて「SVF」の技術を踏襲した「Hitachi Report for SVF」の販売およびサポートを提供する。

 帳票は、企業のIT基盤の根幹を担う基幹システムに組み込まれ、重要な役割を担っている。ウイングアークは、帳票市場において高い市場シェアを誇る企業として、これまで、クラウドテクノロジーや電子化をはじめとした、新技術への開発投資を積極的に実施してきた。

 発表によると、帳票基盤ソリューション「SVF」は、帳票市場において44.9%のシェアを誇り、金融業、製造業、官公庁をはじめとし累積社数21,400社を超える導入実績を有している。帳票ソフト「EUR」は、官公庁、金融業をはじめとした大手企業に高い導入実績を有し、同市場において、17.9%のシェアをもっているという。今回の提携により、これまで両社において培われてきた帳票分野における強みが統合され、顧客の帳票資産を継続的に提供することが可能になるとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5