Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

テュフ ラインランド、日本企業のGDPR要求事項への対応を支援する「GDPR支援サービス」を開始

2018/04/19 14:00

 テュフ ラインランド ジャパンは、5月25日に施行されるEU一般データ保護規制(GDPR)への対策を支援する「GDPR支援サービス」を、4月19日から開始することを発表した。このサービスは、全ての産業分野で活動する企業を対象としたサービスであり、今後急増することが予想される日本企業のGDPR要求事項への対応を支援していくとしている。

 EUの一般データ保護規則(GDPR)により、企業は完全な同意と透明性をもって個人データを処理することが要求される。この規則は、5月25日以降、EU加盟諸国において法的拘束力をもって実施され、EU全体で統一されたデータ保護法を確立することを目的としている。

 日本企業が特に注意すべき点は、GDPRがEUに拠点を置く組織に対して適用されるだけではなく、EU在住の個人に提供される製品やサービスであれば、EU以外に拠点を置く組織に対しても適用されるということにある。

 違反企業には、最大で世界年間売上高の4%、もしくは2千万ユーロのいずれか高い方の制裁金が科される。しかし、日本企業のセキュリティ確保やデータ保護の対策は、いまだ十分とはいえず、世界規模で活動する企業にとって最重要課題となっているという。

  テュフ ラインランドは、すでに、北米と欧州においてGDPRのコンサルティングサービスを提供している。また、昨年にはGDPRの要求事項に対応したに「IoTプライバシーのためのグローバルセンターオブエクセレンス」をケルンに立ち上げ、プライバシー評価の分野を牽引しているという。

 このセンターオブエクセレンスは、包括的なIoTデータ保護ソリューションを提供しており、その結果、プライバシー保護の観点から急速に拡大するグローバルIoT市場における地位を確立している。そしてこれを可能にしているのが、プライバシー認証、コンサルティング、そして製品メーカーやシステムサプライヤーに対する一連のトレーニングプログラムになる。

 日本では、まずは企業に対する「GDPR支援サービス」の一環として、GDPRのギャップアセスメントを展開していく。

 ドイツに本社をおくテュフ ラインランドは、140年の歴史を持つ世界でもトップクラスの第三者検査機関。世界中に拠点を持ち、第三者検査のエキスパートとして、人々の暮らしのあらゆる面で、品質、安全、環境、テクノロジーを支えているという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5