Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2016年度の経費精算市場は電子帳簿保存法改正により前年度比33.8%増、2017年度も46.7%の大幅増――ITR発表

2018/04/24 14:45

 独立系ITコンサルティング・調査会社であるアイ・ティ・アールは、国内の提供形態別経費精算市場規模推移および予測を発表した。国内経費精算市場の2016年度の売上金額は、前年度比33.8%増の50億7,000万円と、大幅な伸びとなった。2017年度も同46.7%増とさらなる高い伸びを予測している。

 国内経費精算市場を提供形態別で見ると、2016年度はパッケージ市場が前年度比8.5%増に対し、SaaS市場は同46.8%増の大幅な伸びを示した。SaaSを選択する企業が急増しており、2021年度には売上金額の約9割をSaaSが占めると予想している。

経費精算市場規模推移および予測:提供形態別

 ITRのプリンシパル・アナリストである浅利浩一氏は、「経費精算は、業種や企業規模を問わず、多くの企業がシステム刷新を進めているのが特徴です。SaaSとパッケージを併売するベンダーもあるものの、市場の中心はSaaSであり、主要製品でオンプレミスのパッケージのみを出荷するベンダーは少なくなりつつあります。従来、人事システムや会計システムをベースに旅費・経費精算を構築していた企業や、すでにワークフロー製品上でシステム化している企業のなかにも、旅費・経費精算を専用のサービスとして切り出して構築するケースも見られます。こうした刷新需要で、同市場は今後も活性化していくでしょう」とコメントしている。

 今回の発表は、ITRが発行する市場調査レポート「ITR Market View:予算・経費・就業管理市場2018」に詳細を掲載している。レポートには、連結会計、経費精算、予算管理、就業管理の全4分野を対象に、国内46ベンダーへの調査に基づいた2015~2016年度売上げ実績および2021年度までの売上げ予測を掲載している。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5