Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Epicorソフトウェアが日本ビジネスを本格化、工場運営を支えるERPソリューションをFPTソフトウェアから提供

2018/04/26 15:15

 企業用ソフトウェアの世界的プロバイダであるEpicor(エピコ)ソフトウェアは、FPTソフトウェアと戦略的提携を結び、EpicorソフトウェアのERPソフト「Epicor ERP」を、FPTソフトウェアが日本の製造業へ向けて提供すると発表した。

 今回のパートナーシップにより、FPTソフトウェアは「Epicor ERP」のシステム要件定義から、ソリューションコンサルティング、プロジェクト管理・実施およびサポートまで、幅広いサービスを提供する。

 Epicorソフトウェアが提供する技術プラットフォームは、日本企業が先進的な工場を運営することに役立つとし、日本企業に対して、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、ロボット(RPA)、そしてビッグデータなどの最新技術を組み合わせたソリューションの提供するという。

 FPTソフトウェアは、ベトナムに本社を置く世界大手テクノロジー・アウトソーシング・ITサービスグループであるFPTコーポレーションの子会社になる。

 FPTソフトウェアは、CMMIレベル5、ISO 27001:2013、A-SPICEレベル3の認定を取得しており、日本、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、ベトナム、アジア太平洋諸国など世界21か国におけるデリバリーセンターより、スマートファクトリー、デジタルプラットフォーム、RPA、AI、IoT、エンタープライズモビライゼーション、クラウド、AR/VR、組み込みシステム、マネージドサービス、テスティング、プラットフォームモダナイゼーション、ビジネスアプリケーション、アプリケーションサービス、BPOおよびその他サービスを提供している。

 また、Epicorソフトウェアは、企業ビジネスの成長を促進するために、製造、流通、小売、サービス業界のニーズに合った柔軟性の高い業界固有のソフトウェアを提供している。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5