Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

スパークスシステムズ、UML/SysMLモデリングツール「Enterprise Architect」日本語版に新バージョン

2018/05/17 14:30

 スパークスシステムズジャパンは、UML・SysMLなどに対応するモデリングツール「Enterprise Architect」日本語版の最新バージョン14.0を5月17日にリリースしたと発表した。

 「Enterprise Architect」は、システムやソフトウェアの設計などにおいてUML・SysML等の表記法を利用したモデリングを支援するツール。作成したモデルからDOCX・PDF・HTMLの形式のドキュメントを生成したり、C#やJavaなどさまざまなの言語のソースコードを生成したりすることができるという。

バージョン14.0の概要

 バージョン14.0での大きな変更点は、「効率的なモデリングの支援」「SysMLへの対応強化」「エディションの統廃合」の3点になる。

 ・効率的なモデリングの支援

 モデルを作図する際の配置支援機能やプロパティを効率的に参照・編集するためのウィンドウの強化など、日常的に利用する機能を中心に大きく改善。また、Office製品と同様の「リボン」の内容やコンテキストメニューの項目の見直しなど、効率よく操作するための改善を多数実施した。

 ・SysMLへの対応強化

 最新のSysML1.5に対応したほか、細かい点まで含めてSysMLの仕様で定められた表記・表現への多数の対応を行った。前項の効率的なモデリングの支援機能の数々はSysMLのモデルにおいても利用可能であり、SysMLのモデリングがさらに快適になった。

 ・エディションの統廃合

 従来は「Enterprise Architect」「Enterprise Architect Suite」で合計6つのエディションがあり、また多数の有償アドイン製品もあるため、製品の検討・導入を複雑なものとしていた。この構成を見直し、エディションを4つに絞り込み、また多くのアドイン製品を「Enterprise Architect」自身に統合することで構成がシンプルになった。また、すべてのエディションにおいてフローティング(同時使用人数)ライセンスが利用可能となった。

 4種類のエディションは次のとおり。

  • プロフェッショナル版
  • コーポレート版
  • ユニファイド版
  • アルティメット版

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5