Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

デジタルアーツ、Webセキュリティ「i-FILTER」において教職員向け情報セキュリティ教育強化へテスト問題を提供開始

  2018/05/30 15:00

 デジタルアーツは、情報漏洩防止と内部統制を推進するWebセキュリティ「i-FILTER(アイフィルター)」において、文科省の「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」を基に作成したテスト問題を、利用者がインターネットにアクセスする際に設定により出題するサービスを、5月30日に提供開始する。テスト問題は、ネットワンシステムズが監修し、教職員に教育情報セキュリティガイドラインへの理解を促すことができる内容になっているという。

 2020年度から実施予定の新学習指導要領では、情報活用能力の育成を図ることが目的とされており、教育機関は、各学校において積極的なICT活用が求められているという。一方で、学校を対象とした情報セキュリティポリシーを策定している教育委員会は、策定中も含めて64.1%にとどまっている。文部科学省では、教育機関における情報セキュリティの考え方として「教育情報セキュリティガイドライン」を取りまとめ、セキュリティポリシーの策定を推進している。

 このような教育機関での現状を踏まえて、Webセキュリティ「i-FILTER」のTest Board機能を強化し、教職員向けのテスト問題を新たに提供する。出題内容は、文部科学省の「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」ハンドブックの作成に携わった、ネットワンシステムズの林山耕寿氏が監修した。

 専門家が考案した教育情報セキュリティに関する問題を、例えば教職員がその日インターネットへアクセスする最初のタイミングに表示し、合格した場合にアクセスが可能となる。Test Board機能でのテスト問題に繰り返し回答することで、教育情報セキュリティガイドライン「2.5. 人的セキュリティ」に記載されている、教職員が注意すべき行動規程に対する理解を促進し、教職員への情報セキュリティ教育を支援するという。

 「教育情報セキュリティガイドライン」記載の「2.6. 技術的セキュリティ」や「2.7. 運用」の中でもシステム的に対応が可能な項目に対しては、「i-FILTER」Ver.10の他に、メールセキュリティ「m-FILTER(エムフィルター)」Ver.5との連携機能を利用してWebとメール双方からのマルウェア感染やデータ流出対策を実施することが可能だという。

 また、ファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode(ファイナルコード)」によるファイル暗号化を行うことによって、安心・安全な情報漏洩対策が実現できるとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5