Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

キヤノンITS、クラウド型メールシステムOffice 365対応の「GUARDIANWALL メールアーカイブサービス」を提供

2018/07/12 14:45

 キヤノンITソリューションズは、クラウド型メールセキュリティサービス「GUARDIANWALL Cloudファミリー」の新ラインアップとして「GUARDIANWALL メールアーカイブサービス」を、7月12日から提供開始する。

 「GUARDIANWALL メールアーカイブサービス」は、「GUARDIANWALL Mailファミリー」の実績あるメールアーカイブ機能をクラウドサービス化したもの。これにより、利用するメール環境を問わず、また情報セキュリティ担当者の運用負荷を増やすことなく、安全・確実なメール保全(アーカイブ)の手軽な導入を実現するという。

 また、かねてから提供していた「GUARDIANWALL メール無害化サービス」では、ますます巧妙化する標的型攻撃メールへの対策強化として、「添付ファイルのマクロ除去」を行うファイル無害化機能を追加し提供開始する。

 ■「GUARDIANWALL メールアーカイブサービス」の特徴

 ・利用するメール環境を問わずアーカイブ機能を手軽にアドオン可能

 ・正確かつ高速なアーカイブ検索によりクラウド型メールシステム「Office 365」を補完

 ・手軽にメール監査の運用を実現、設定により権限・閲覧範囲を柔軟に設定可能

 ・「GUARDIANWALL Cloudファミリー」のラインアップと組み合わせることにより、より強固なメールセキュリティを実現。

 ■サービスの主要機能

 ・メールアーカイブ機能:全ての送受信メールを添付ファイルも含めて独自形式で保存。保存期間は目的・用途に応じて1年・3年・5年のプランから選択できる。

 ・メールアーカイブの検索・閲覧機能:わかりやすく、かつ詳細な条件指定が可能な検索インターフェースで、メール本文だけでなく添付ファイル内も正確かつ高速な検索が可能。

 ・監査ログ(事後監査)機能:柔軟な権限・閲覧範囲の設定により、手軽にメール監査の運用が可能。監査した情報は、記録として「いつ」「誰が」が実施したのかを残すことが可能。

 ・統計レポート機能:メールの処理状況、管理者によるメールの監査実施状況、管理者の操作記録について、詳細なレポート機能により確認が可能。

 ・ウイルス検査機能:ウイルスの検査を標準で実装。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5