Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

リコージャパンとソフォス、疑似フィッシングメールやセキュリティ教育を包括した「メール訓練サービス」を提供

2018/07/20 15:15

 リコージャパンとソフォスは、「Sophos Phish Threat」のサービス基盤を活用した「RICOH セキュリティクラウド 標的型攻撃メール訓練サービス」を7月20日から提供開始すると発表した。

 「メール訓練サービス」は、ソフォスが提供する疑似フィッシングメールなどを作成するSophos Phish Threatのサービス基盤を利用して、リコージャパンが企業向けに疑似攻撃メールの送信から簡易教育コンテンツ、実施結果を踏まえたレポートの提出までを、低コストかつワンストップで提供するもの。

 これにより、予算やITリソースの少ない企業においても、効果的な情報セキュリティに対する教育を実現することができ、情報セキュリティに関する意識向上、意識啓発や、フィッシングに代表される巧妙な手口による被害を減らす効果を期待できるという。

新製品「メール訓練サービス」の主な特徴

 ・疑似攻撃メールの送信から実施状況のレポートまで、リコージャパンがワンストップで実施するので、IT担当者がいない企業でも安心してサービスを利用できる。

 ・送信先メールアドレス数による課金体系のため、同サービスの申し込みに従業員規模は問わない。また、一部の従業員様向けに実施したい場合など、利用用途に合わせた申し込みが可能。

 ・リコージャパンが実施結果に対して相対的評価を加えた専用レポート提出するので、企業は自社のセキュリティレベルを、客観的な視点から把握することができる。

 ・擬似攻撃メールを開封し本文中のURLリンクをクリックしてしまった従業員向けに、フィッシングメールやランサムウェアなどの脅威を学習することが可能なワンポイントの教育コンテンツを提供。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5