Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

DNP、スマートフォンで真贋判定やトレーサビリティなどが可能な「プロダクトID認証サービス」を発表

2018/09/25 13:45

 大日本印刷(DNP)は、ラベルやパッケージ等の印刷媒体に付された個体識別番号をスマートフォンで読み取って真贋判定やトレーサビリティなどができる「DNPプロダクトID認証サービス」を10月1日に開始すると発表した。

 このサービスは、クラウド型のプロダクトID認証プラットフォームと個体識別番号を付したセキュリティ印刷技術で構成されているという。

 このサービスの開始に伴い、DNPのセキュリティ印刷技術に、デジマーク社の電子透かし技術であるDigimarc Barcode技術を組み合わせた、新たなセキュリティ印刷技術も開発した。2018年中には、ブランドプロテクションを目的とした新たな偽造防止策のラインアップの1つとして、偽造・改ざん・複製が困難で、短納期、低コストでの提供が可能だとしている。

さまざまな種類のセキュリティ印刷技術と個体識別番号の組み合わせに対応するプロダクトID認証プラットフォーム

「DNP プロダクトID認証サービス」の概要と特徴

 このサービスは、プロダクトID認証プラットフォームと個体識別番号を付したブランドプロテクション用途のセキュリティ印刷技術で構成されている。プラットフォーム単独での利用も可能だという。

 ■プロダクトID認証プラットフォーム

  1. さまざまな個体識別番号(例:一次元バーコード、QRコード、ICタグ(RFID)、Digimarc Barcode技術)に対応して認証が可能。
  2. 専用アプリをダウンロードすることでスマートフォンを読み取り装置として使用することができる。
  3. 真贋判定結果、日時、個体識別番号などのログを活用した分析も可能。

 ■今回新たに開発したセキュリティ印刷技術

 DNPのセキュリティ印刷技術とDigimarc Barcode技術を組み合わせて新しいセキュリティ印刷技術を開発。特徴は下記の3点。

  1. 偽造・改ざん・複製をさらに困難にした。
  2. 人の目では判別できず、スマートフォンで簡単に認証が行える。
  3. ホログラムにQRコードを付した場合と同等のセキュリティレベルでより短納期・低コストで実現。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5