Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ラック、「JSOC マネージド・セキュリティ・サービス」にサイバー保険を付帯したパッケージ商品を提供

  2018/09/27 15:00

 ラックと損害ジャパン日本興亜は、ラックを代表するセキュリティ監視サービス「JSOC マネージド・セキュリティ・サービス(MSS)」にサイバー保険を付帯した国内初のパッケージ商品「事故補償パック for JSOC」の10月1日から提供すると発表した。

 ラックが提供するセキュリティ監視センター「JSOC」は、日本におけるマネージド・セキュリティ・サービスのパイオニアとして、ネットワークを24時間365日リアルタイムで監視している。内部に潜んだマルウェア(悪意のある行為を行うプログラム)などの挙動もセキュリティアナリストが常時監視し、サイバー攻撃への早期対策に貢献しているという。

 新サービスは、「JSOC」に損保ジャパン日本興亜が提供するサイバー保険を付帯したサービスであり、サイバー攻撃を受けた際、まずは専門家による緊急対応などで迅速な対応を取ることが可能になるという。さらに、システムの再構築の費用、被害者への損害賠償金の補償など、様々な経済的損失を補填できる。

「事故補償パック for JSOC」の特徴

 ・JSOCが提供するMSSの品質と実績を評価し、最大1,000万円までの補償を受けられるサイバー保険を付帯した特別なパッケージ商品。補償はサイバー攻撃に関する調査費用だけではなく、事故からの復旧、システムの再構築の費用、被害者への損害賠償金の補償など、幅広い目的に活用することができる。

 ・通常のサイバー保険の契約時に必要な告知書の提出は不要。ラックのJSOCを導入する企業のセキュリティ状況を加味し、セキュリティサービスに一体化することで保険加入の手間を軽減。

 ・通常、サイバー攻撃は取引先や警察など公的機関からの指摘により判明することがあり、社会的な信用失墜につながるケースが多くある。「事故補償パック for JSOC」では、JSOCがサイバー攻撃をリアルタイムで検知し被害が拡大する前に、契約者へ報告を行うことで、保険を適用したリカバリー行動が可能となる。

 ・サイバー保険の加入により、サイバーインシデント対応に要する費用を事前に予算化する効果が期待できる。これにより、実際にサイバーインシデントによる被害が発生した場合に、対応費用捻出の社内稟議等を省略し、すぐにリカバリー対応を取ることができるため、被害の拡大を抑える効果が期待できる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5