Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

イノベーション・ファーム、ファイルを分割保存して無意味化する情報保護ソリューション「Pro-Keeper2.0」を発表

  2018/10/29 14:15

 イノベーション・ファームは、サイバー攻撃や人的要因等から「漏えい」「改ざん」「破壊」「消滅」などの脅威さらされている個人(機微)情報や重要情報を、利用者のリスクをなくし、さらには利用するという負担を軽減した情報保護利活用ソリューション「Pro-Keeper2.0」を10月末から提供開始すると発表した。

 「Pro-Keeper」は、ファイルを3つのストレージに分割して保管し、データを不完全な形態に変換するため、データを保持するという概念をなくしてしまうという。不完全で不安定なデータであるため、マルウェア等も動くことはないという。

 操作は、Windowsのエクスプローラと同様で、アイコンをダブルクリックすれば、分散保管されている分割片を収集・復号し、オリジナルファイルを開封する。

 内部ストレージやUSBメモリ等の外部ストレージに保管されている分割片は不完全な物であり、単独では全く意味をなさない。クラウド保管に不安をいだいてをいる企業も多く存在するが、クラウドはハードの故障によるデータ消滅を防ぐ手法を取っているため、最も効果のある利用方法を導き出すことが可能だとしている。

脅威に対する「Pro-Keeper2.0」の特徴

 セキュリティを強化すると使い勝手が悪くなり、業務効率が低下することがある。「Pro-Keeper」は利便性を落とさず、日常のWindows操作と同様な動作で安全性を保証するという。

 ・サイバー攻撃による情報漏えい・改ざん

 ファイルをドラッグ&ドロップした瞬間に分散保存され、分割片は無意味で不完全な形式になる。仮に1分割片が窃取され流出したとしても情報漏えいにならないまた、原本の改ざんも不可能。

 ・マルウェア(ランサムウェア)による破壊

 マルウェアは、doc、docx、xls、xlsx、ppt、pptx、js、exeなどのマクロ形式やJavaScriptなどで活動する。分割片に侵入されたとしても活動することはない。残りの2片で復元し修復処理を実行する。

 ・OSのアップデートによる消滅

 分割片は異なる保管先にあるため、OSアップデートが関係ない場所に保存すれば悪影響を受けることはない。アイコンをダブルクリックすれば、オリジナルファイルが復元される。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5