Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

システムインテグレータ、データベース開発支援ツールの最新版「SI Object Browser for Oracle 18」をリリース

2018/11/22 14:15

 システムインテグレータは、データベース開発支援ツール「SI Object Browser for Oracle」のバージョンアップ版「SI Object Browser for Oracle 18」を11月29日から販売開始すると発表した。

 最新バージョンでは、「Oracle Database 18c」を動作環境に加えた。Oracle 18cは、Oracle 12cの発売から約5年ぶりとなるOracle Data Baseの最新バージョンになる。最新版では、Oracle Cloud上のOracle 18c環境でもオンプレミス版と変わらない操作性で安心して利用できるとしている。

「SI Object Browser for Oracle 18」の新機能

  • SQL キャンセル機能(ALTER SYSTEM CANCEL SQL)実装(Oracle 18c 新機能)
  • DataPump インポートのエラースキップオプション実装(Oracle 18c 新機能)
  • スキーマ限定アカウント作成機能の実装(Oracle 18c 新機能
  • 小文字ユーザーログインオプションの追加

 ・SQLキャンセル機能(ALTER SYSTEM CANCEL SQL)

 セッション情報画面で、SQLのキャンセル(ALTER SYSTEM CANCEL SQLの発行)が可能になった。高負荷実行中SQLを止める場合、従来ではセッションごと停止させるのが常套手段だったが、この機能により当該のSQLだけを停止させることができる。

 ・DataPumpインポートのエラースキップオプション

 Oracle 12cまでのDataPumpインポートは、エラーオブジェクトがあった場合はそこでインポート処理が中断されてしまった。このオプションによってエラーをスキップして最後まで実行することができ、従来のようにすべてやり直す必要がなくなる。

 ・スキーマ限定アカウント

 Oracleでは、ログインユーザーとスキーマがほぼイコールであるため、オブジェクトをスキーマでまとめたい場合、ログイン機能を持ったアカウントを作成する必要があった。Oracle 18cでは、不必要なログイン機能を省いた「スキーマ限定アカウント」として作成できる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5