Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

キヤノンITS、Office 365向けセキュリティ対策サービス「Inbound Security for Office 365」を提供開始

  2018/12/03 13:15

 キヤノンITソリューションズは、クラウド型メールセキュリティサービス「GUARDIANWALL Cloudファミリー」の新ラインアップ「Inbound Security for Office 365」を12月3日から提供開始すると発表した。

 Office 365のメール環境を保護する「Inbound Security for Office 365」は、トレンドマイクロのクラウドアプリケーション向けセキュリティサービス「Trend Micro Cloud App Security」を活用したもの。

 ■「Inbound Security for Office 365」の特徴

  • Office 365を狙った標的型メールをブロックし、マルウェア感染を防止
  • 共有ファイルをサイバー攻撃などの脅威から保護し、情報流出を阻止
  • API連携でDNSの切り替えやメールの経路を変更することなく容易に導入が可能
  • Box、DropBoxなどOffice 365以外のオンラインストレージも保護

 「Inbound Security for Office 365」は、 ビジネスメール詐欺やランサムウェアなどの高度な脅威からOffice 365のメール環境を保護することができるという。万が一、ウイルスに感染してしまったとしても、不正プログラム検索でマルウェア感染が発見された共有ファイルやメールに対し、隔離や削除などの保護対策を行うことで感染拡大を防ぐことができる。また、脅威に対しても、従来のオンプレミスと同様のセキュリティ対策を講じることが可能だとしている。

サービス概要

サービスの主要機能

 ・ビジネスメール詐欺対策

 メールのコンテンツを検索して、ビジネスメール詐欺(BEC)、ランサムウェア、フィッシング、およびその他のスパムメールを検出し、Office 365ユーザーを保護。

 ・未知の脅威を検知・対処

 機械学習型検索、文書ファイルの脆弱性を悪用する攻撃の検出などを実施し、未知の脅威の可能性があると判断されたファイルを仮想アナライザ(サンドボックス)で解析。ポリシーで設定した検査を実施する。

 ・メール本文・添付ファイル内の不審URL検出

 トレンドマイクロのクラウド型セキュリティ基盤「Trend Micro Smart Protection Network」によって収集したさまざまな脅威情報を基に、メール本文やファイル内に含まれるURLから不審URLを検出し、処理を行うことで標的型メールの対策を強化する。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5