Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

DAL、全銀EDIシステム連携機能を実装したエンタープライズ・データ連携基盤「ACMS Apex」最新版を発売

  2018/12/25 14:15

 データ・アプリケーション(DAL)は、既存の業務アプリケーション資産を生かしつつ、単一ソフトウェアでセキュアかつ可用性の高いデータ連携基盤を容易に構築するエンタープライズ・データ連携基盤「ACMS Apex」の最新版バージョン1.3を、12月28日から販売開始すると発表した。

 最新版では、金融EDIの高度化に向け、12月25日から稼働するプラットフォーム「全銀EDIシステム(ZEDI)」連携するZEDI連携機能を実装した。また、IBM MQアダプタを提供するなど機能を拡張した。これにより、企業のZEDI対応を容易にし、ワンパッケージで金融EDIと商流EDIを統合管理できることから、EDI業務の一層の効率化、運用コストの削減を図るという。

 また、「ACMS Apex」は、企業のデータ連携だけでなく、グループ企業間やSaaSのデータ連携基盤として、リソースの共有や配分、運用を効率化するテナント機能を実装しており、SaaS提供企業を中心に採用が進んでいるという。最新版で提供するZEDI連携機能において、次のEDIサービスがZEDI対応を予定している。

  • TIS SaaS型EDIサービス「TEDIOS-II」
  • オージス総研 EDIアウトソーシングサービス

「ACMS Apex」バージョン1.3の主な新機能

 1. データ連携機能の拡張

 ・ZEDI連携機能を実装:ZEDI対応に必要なXML電文の作成・変換機能と通信プロトコルJX手順、企業認証用のクライアント証明書の取得・更新機能を実装。

 ・IBM MQアダプタの提供:IBM MQアダプタにより、IBM MQアプリケーション間との非同期的なメッセージ通信を実現。

 2. 新たな稼働環境

 ・新たなクラウドプラットフォームをサポート:Microsoft Azure

 ・管理DBとして新たなデータベースをサポート:Microsoft SQL Server 2017、Amazon RDS for Oracle、Amazon RDS for MySQL

 ・オルタネート(代替)サーバとして新たなサポート:Microsoft Windows Sever(Oracle JDK 8の利用が前提)

 ・マルチブラウザでの運用管理用に新たなブラウザをサポート:Mozilla Firefox

 3. 通信機能を強化

 ・通信プロトコルebXML MS 2.0 において、データ改ざんを防止するためのハッシュ関数であるSHA-2に対応。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5