Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

富士ゼロックス、文書管理作業自動化をクラウド上で支援するサービス「Smart Work Assistant」を発売

2018/12/25 15:15

 富士ゼロックスは、クラウド上の仮想アシスタントがオフィスのさまざまな文書や帳票の管理・送付など、日々発生する繰り返し作業を自動処理するクラウド型サービス「Smart Work Assistant」の提供を、12月25日に開始したと発表した。

 「Smart Work Assistant」は、あらかじめ用意された業務テンプレートをベースに、例えばファイル名付与のルールや、文書の保管場所への振り分けなど、最低限の設定を施すことで、クラウド上のバーチャルの助手(アシスタント)を生成する。

 各アシスタントには見積書や請求書、契約書などの帳票種別、および帳票ごとに必要な仕分けや格納、共有、送付・通知、台帳作成といった処理が割り当てられており、ユーザーは上記設定後すぐに使用することができる。

 これにより、上記作業が自動処理でき、従来の繰り返し発生する定型作業とそれに要する時間の低減はもとより、作業の抜け漏れを防止し業務品質を担保する。さらに、ビジネスに必要なセキュリティー性能を有する富士ゼロックスのクラウドサービス「Working Folder」との連携も可能で、定められたルールに応じて文書管理を自動化するという。

 「Smart Work Assistant」に入力する帳票は、電子文書および紙のいずれも対応可能で、入力はPCのブラウザまたは富士ゼロックスの複合機から行うことができる。PCの場合には、作業対象の文書をアシスタント上にドラッグするだけで、また、紙文書の際には複合機の操作パネル上でアシスタントを選択、その後スキャンすることで、処理が完了する。

 月額/従量課金制で提供するクラウドサービスとして、富士ゼロックスがサービスの維持・管理を行い、顧客は、いつでも場所を問わず利用することができ、作業量に応じた料金負担でサービスを利用できる(一定処理量までは定額、その後従量課金)。

「Smart Work Assistant」が提供する機能

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5