Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

キヤノンITS、汎用データフォーマット変換ソフトウェア「EDI-Master TRAN for ANYs」がLinux OSに対応

2019/01/07 14:00

 キヤノンITソリューションズは、汎用データフォーマット変換ソフトウェア「EDI-Master TRAN for ANYs」の新バージョンを1月7日から発売すると発表した。新バージョンでは、Linux OSへ対応した。

 キヤノンITSは、 「EDI-Master TRAN for ANYs」を2001年から発売してきた。企業間で交換されるEDIデータを社内システムに連携させるためのフォーマット変換はもちろん、社内外の異なるシステムやアプリケーション間のデータ連携にも柔軟に対応できるという。

 新バージョン「EDI-Master TRAN for ANYs Ver4.2」では、EDI-Masterシリーズの使いやすさと高い開発生産性を継承しつつ、いままで未対応であったLinux環境におけるフォーマット変換への対応を実現した。

 従来からの稼働環境であるWindowsに加え、大手企業でニーズが高いLinux環境(Red Hat Enterprise Linux)に対応することで、UNIXからLinuxへのマイグレーション対応や、堅牢なシステム構築、クラウド環境における稼働など、より幅広いニーズに応えることが可能となるとしている。

「EDI-Master TRAN for ANYs Ver.4.2」の特徴

 ・さまざまなファイルフォーマットに対応

 JCAや全銀フォーマット、その他固定長やCSVなどさまざまなフォーマットのデータから、自社システムのフォーマットに変換できる。

 ・多くのデータベースにも対応

 MS Access、SQL Server、Oracle、MySQL、PostgreSQLなどのデータベースに対応(MS Access、SQL Server、OracleはWindows版のみ対応)。受信した他社独自フォーマットの発注データのファイルを販売管理のデータベースに直接取り込んだり、データベースから請求データを請求先企業指定のフォーマットでファイルに出力するといったことが可能。

 ・便利で分り易いマッピング画面

 煩雑になりがちなマッピング作成(変換設定作成)も、画面上で簡単に設定可能。「ウィザードによる入出力レイアウトのひな型作成」「Excelからの外部データ貼り付け」「一括マッピング」「ループマッピング」「アンドゥ・リドゥ」「設計書出力」などの便利機能があり、設定効率に優れている。

 ・柔軟なインターフェース

 変換実行部は、OSの実行形式ファイルでの提供のため、変換モジュールを呼び出すだけで変換を実行できる。特別な作りこみなしでも、画面上からの操作ですぐに使用できる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5