Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

JP-Secure、WAF製品「SiteGuardシリーズ」の活用をトータルサポートする各種技術支援サービスを提供開始

  2019/02/05 14:15

 ジェイピー・セキュア(JP-Secure)は、ソフトウェア型WAF製品「SiteGuardシリーズ」の活用をトータルサポートする各種技術支援サービス「JP-Secureプロフェッショナルサービス」を、2月5日から提供開始することを発表した。

 「SiteGuardシリーズ」は、Webアプリケーションの脆弱性を悪用する様々な攻撃に対し高い防御性能とユーザビリティの両立を実現したソフトウェア型国産WAF製品で、セキュリティ要件の厳しい官公庁やメガバンク等の大企業から、効率的な運用が不可欠な大規模ホスティングサービス事業者まで広く利用されているという。

 しかし、WAFの導入が一般的になり、ユーザーの中には管理者が不在で簡単な設定変更やバージョンアップ作業等も外部に委託したい、また大手ユーザーを中心に、さらに詳細でユニークなチューニングを専門家に任せることはできないかというニーズが増えてきたという。

 それに応えるべく、JP-Secureの技術者が「SiteGuardシリーズ」の活用をトータルサポートする各種技術支援サービスである「JP-Secureプロフェッショナルサービス」を提供することになったという。

「JP-Secureプロフェッショナルサービス」の概要

 ・SiteGuard導入サービス:SiteGuardシリーズの製品インストール、およびヒアリングシートに基づく初期設定のほか、一定期間の検出ログを解析し、設定のチューニングを実施。

 ・SiteGuard運用支援サービス:SiteGuardシリーズのWeb管理画面の設定代行、カスタム・シグネチャの作成、製品アップグレード作業をリモートから実施。

 ・SiteGuard製品トレーニングサービス:SiteGuardシリーズを導入・運用する顧客向けの製品トレーニングサービス。製品のシグネチャ検査やログの確認・除外設定方法の作成を中心に、要望に応じたトレーニングを実施。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5