Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

大崎コンピュータエンヂニアリングとRPAテクノロジーズ、自治体事務自動化へ新ソリューションを提供開始

  2019/02/27 13:45

 RPAテクノロジーズと大崎コンピュータエンヂニアリングは、RPAテクノロジーズの「BizRobo! Basic」をデスクトップ実行型で利用できるRPAソリューション「BizRobo! mini」と、大崎コンピュータエンヂニアリングの自治体向けバーチャルスタッフ「OCEVISTAS」を、スモールスタート可能な新プラン「OCEVISTAS mini for 自治体」として共同開発し、2月27日から提供開始すると発表した。

 RPAテクノロジーズでは、RPAの普及阻害要因を解消し、速やかに日本全国への大衆化を実現するため、「BizRobo!」のスモールスタートを実現出来るソリューション「BizRobo! mini」を提供している。これは、従来のサーバ型に比べ、RPA導入に係るコスト面でのハードルを大幅に下げるだけでなく、デスクトップ実行型の「BizRobo! Basic」を利用できるため、短期間での導入が可能になるという。

 また、大崎コンピュータエンヂニアリングが提供する「OCEVISTAS」は、Webシステム、officeアプリケーション(Word、Excel、Accessなど)、ファイルサーバなどを跨いで発生する広範囲の事務を自動化し、業務効率化を支援するバーチャルスタッフになる。

 今回、共同開発した「OCEVISTAS mini for 自治体」は、自治体が抱える課題に対し、最小構成で導入が出来る「BizRobo! mini」をツールとし、大崎コンピュータエンヂニアリングの自社データセンターを活用した、高機能高品質はそのままにPC1台からデスクトップ実行型で利用できるサービスだという。また、今後はLGWAN-ASPサービス提供も年度内提供予定で進めていくという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5