Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

サイバートラスト、最新Linux OS「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7 SP3」を提供開始

  2019/03/07 15:00

 サイバートラストは、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)7.6をベースに開発した、最新のLinux OS「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7 SP3」を3月7日から提供開始すると発表した。

 「Asianux Server(MIRACLE LINUX)」シリーズは、サイバートラストが開発し提供しているLinux OS。企業向けLinuxサーバー用途のほか、車載システムや産業用コンピューター、各種アプライアンス製品など特定業務用機器への組込みにも採用され、これまで累計14万本以上、年間20,000本以上の出荷実績がある。近年は、製造業におけるファクトリーオートメーションや通信業での導入が加速しているという。

 シリーズ最新の「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7 SP3」は、RHEL 7.6をベースに開発された。デバイスドライバーなどの更新により第8世代インテル Xeonプロセッサーを含む最新の世代のハードウェアに対応する。そのほか、過去の脆弱性対策を含むセキュリティ強化や、OpenJDK 11などの追加、更新により、最新のアプリケーション開発環境を提供する。

 サイバートラストは、「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7 SP3」の提供を通じて、昨今その役割が増すLinuxの利活用を促進し、複雑化するコンピューティング環境での セキュアで安定したLinux利用を支援するとしている。

「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7 SP3」の主な特徴

 1. サポート体制の充実

 国内唯一の企業向けLinuxディストリビューターであるサイバートラストでは、日本語の技術サポートを行っている。パッチ提供などのリリースポリシーを確立しているため、企業ユーザーが安心して利用できる。

 また、販売開始から5年以上の販売期間、10年にわたるサポート期間においてサービスを提供し、特定業務用機器への組込みに必要とされる長期安定供給や、基幹サーバーでの利用に必要とされる長期安定運用のニーズに応える。

 2. RHEL 7.6との十分な互換性

 RHEL 7.6向けのハードウェア、RHEL 7.6向けに開発されたアプリケーションソフトウェアは、Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7 SP3の上でそのまま動作させることができる。

 3. セキュリティ強化

 過去の脆弱性対策を含むセキュリティ強化を行い、安心してAsianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7 SP3を利用できる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5