Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アシスト、Oracle Cloud環境上のデータベースを対象に「クラウドマネージドサービス」を提供開始

  2019/05/14 16:00

 アシストは、クラウド向けのマネージドサービス「アシスト クラウドマネージドサービス」の提供を5月14日から開始すると発表した。

 今回、提供を開始する「アシスト クラウドマネージドサービス」は、Oracle Cloud環境上のデータベースに対して24時間365日のサポートサービスを提供するもの。アシストの豊富な支援経験に基づくこのサービスにより、データベース構築・運用にかかる工数やデータベース管理者の負荷を大幅に軽減し、企業の課題解決を強力に支援するという。

 また、Oracle Cloud向け技術支援サービスとして、環境構築と操作説明を含む基本支援パッケージと災害対策環境の構築、VPN接続などのオプション技術支援サービスも提供する。

「アシスト クラウドマネージドサービス」

 「アシスト クラウドマネージドサービス」で提供するサポートと技術支援の概要は、以下のとおり。

■マネージドサービス

 ・対象のクラウドサービス

  • Oracle Cloud Infrastructure(OCI)
  • Oracle Database Cloud Service
  • Oracle Database Backup Service
  • Oracle Database Exadata Cloud Service
  • Oracle Autonomous Data Warehouse
  • Oracle Autonomous Transaction Processing
  • Oracle Java Cloud Service

 1. 基本サービス

  • 対象クラウドサービスに関する問い合わせ対応やサポート
  • 障害発生時の対応支援(問題切り分け、原因調査、回避策の提示、復旧方法の調査など)
  • 対象クラウドサービス提供ベンダーへのエスカレーション
  • 対象クラウドサービスおよびアシスト取扱製品の問い合わせ窓口の一本化
  • 対象クラウドサービスの稼働状況レビュー
  • 対象クラウドサービスの構成レビュー
  • 対象クラウドサービスの請求管理、費用レビュー

 2. オプションサービス

 アシスト スマートサポートサービス(対象クラウドサービスの稼働状況およびデータベースサービスの基本的なログファイルを自動的にアシストサポートセンターに共有し、障害調査開始を迅速化)

■技術支援サービス

 1. 基本支援パッケージ

 Oracle Cloudの環境構築、操作方法に関するハンズオン形式でのレクチャ、アシストが推奨する監視項目に基づいた各種設定などを行う。

 2. オプション技術支援サービス

 災害対策環境構築や、インターネットVPN接続、閉域網接続などのネットワーク設定、Oracle Cloudの運用・バックアップ検討/設定などのOracle Cloudに特化した支援項目に加え、アシストが20種類以上提供しているデータベース関連の各種技術支援サービスを提供。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5