Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

東芝、AIやIoTによる自動車部品の溶接検査の実証実験を開始 スペイン大手自動車部品メーカーと共同

  2019/10/30 13:25

 東芝デジタル&コンサルティング(以下TDX)は10月28日、カメラ画像データと高周波数帯の音波を検出し物体の破壊や変形をとらえるAEセンサーデータを活用したAIやIoTによる、自動車部品の溶接検査に関する実証実験の開始を発表した。実証実験は、スペインの自動車部品メーカー大手Gestamp社と共同で取り組み、Gestamp社のドイツ工場で行う。

 今回TDXと共同で実証実験を行うGestamp社は、工場の生産性と信頼性向上に向けIndustry 4.0チームを社内に組成し、デジタル技術とデータを活用した各種プロジェクトに取り組んでいる自動車部品メーカーだ。両社は2018年4月から、同社の英国工場において部品溶接検査に関するPoC(概念検証、proof of concept)を実施しているという。これまで橋梁や大規模ビルなどの損傷検知などで活用されていたAEセンサーを、工場の製造工程に導入。東芝のAIや分析技術活用によって、従来に比べてより高精度な溶接検査を可能としたことを背景に、共同の実証実験に至った。

 同プロジェクトはTDXとGestamp社のほか、両社への出資者である三井物産も協力。来年3月までGestamp社のドイツ工場で実証実験を進め、不良検出率の精度をさらに高めるとともに、Gestamp社の他工場への水平展開と本格商用化を目指すという。

 実証実験開始に際して、Gestamp社 アドバンスト・マニュファクチャリング・ダイレクターのレネ・ゴンザレス氏は「Gestamp社は、東芝の最先端のIoT/AI技術による、画像認識やAEセンサーを活用した溶接の検査システムに対して、大きな期待を持っております。私たちは、お客さまの製品品質に対する期待に応えるため、実験の結果を踏まえ、このソリューションを弊社の他工場にも展開していきたいと考えています」と話している。

 また、TDXの取締役社長 沖谷 宜保氏は「東芝グループが長年ものづくりの現場で蓄積してきた製造技術知見・経験と、IoT、AIを活用したデジタル技術を組み合わせることでサイバーフィジカルシステム(CPS)を実現し、世界中に多くの製造現場を持つGestamp社の製造品質の維持・向上に貢献出来るソリューションを次々に、またグローバルに提供して参りたいと思います」としている。

 

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5