SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Security Online Day 2023 春の陣レポート(AD)

「USBメモリ」を起因にしたセキュリティ事故が相次いで発生──どうしたら防げるのか?

600以上の自治体や医療機関などが支持する、“ファイルを無害化する”システム

攻撃者が基幹系システムを狙う「3つの理由」

 攻撃者たちが基幹系システムを狙う理由として、坂田氏は1つ目に「攻撃しやすい環境を持っている」ことを挙げた。基幹系システムとITシステムが大きく異なるのは、想定する期間だ。IT系のシステムは3~5年で更改することを想定して作られている。しかし、物理的な業務のともなう工場などのプラント系設備は、10年や20年といった長いスパンでものごとを考えなくてはならない。すると、導入当初は最新のシステムだったとしてもサポートが切れてしまうといったことがあり得るのだ。

 またIT系システムであれば機密性や可用性を重要視するが、基幹システムではあれば必ず安全性や安定性が最優先される。他にも環境や納期、歩留まりといったことも配慮しなくてはならない。こういった違いからOSが古くてセキュリティソフトが導入できない、パッチを当てられないという問題が生じる。

画像を説明するテキストなくても可

クリックすると拡大します

 今まではインターネットに接続していないので安全だと許容されてきたものの、今ではDXの推進もあって外部のネットワークと基幹システムをつなぐ必要がでてきている。坂田氏は「攻撃者からすると、一度内部へ浸入してしまえば攻撃しやすい環境になっていると捉えられます」と警鐘を鳴らす。

 2つ目の理由は「おいしい攻撃先になっている」ことだ。基幹系システムは、事業継続には必要不可欠で止められない重要なものだ。攻撃者からすると、重要なものだからこそ、もし止められたら高額な身代金を請求できるのである。

 昨今のサイバー攻撃は、標的型攻撃、ネットワークへの侵入、データの窃盗に身代金を請求するランサムウェアの攻撃が合体したものになっている。組織のネットワーク内に浸入したら重要なデータのある場所をチェックし、さらにバックアップデータまで見つけ出し、まとめて暗号化し、複合と引き換えにビットコインでの支払いなど身代金を要求する流れだ。

 坂田氏は、そうした事態が起こる理由として「手っ取り早く攻撃する手法がたくさんあるから」と述べた。DXを推進していくうえで、様々なシステムとつながらなければならないのが現状だ。AIやIoTを活用することそのものはよいことだが、そこに脆弱性が潜んでいれば狙われてしまう。

画像を説明するテキストなくても可

クリックすると拡大します

次のページ
今こそ見直したいファイル授受方法、USBメモリはリスク大

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
Security Online Day 2023 春の陣レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

森 英信(モリ ヒデノブ)

就職情報誌やMac雑誌の編集業務、モバイルコンテンツ制作会社勤務を経て、2005年に編集プロダクション業務とWebシステム開発事業を展開する会社・アンジーを創業した。編集プロダクション業務では、日本語と英語でのテック関連事例や海外スタートアップのインタビュー、イベントレポートなどの企画・取材・執筆・...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:株式会社プロット

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/17537 2023/04/06 10:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング