Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

SAP、次世代SCMソリューションを提供開始

  2008/04/11 12:38

SAPジャパンは、次世代SCMソリューションとして「SAP Supply Chain Management 2007」「SAP Transportation Management 6.0」を4月末より提供開始する。

 SAPジャパンは10日、SCMソフトウェアの最新版「SAP Supply Chain Management 2007(以下、SCM 2007)」と、輸送管理ソフトウェア「SAP Transportation Management 6.0(以下、TM 6.0)」を4月末より提供開始することを発表した。

 SCM 2007では新機能として、次世代サプライチェーンの構築支援を焦点とした企業間協業モデルの可視化や、情報連携などの協業支援機能の強化が行われた。同製品はSOAに対応しており、XMLを利用したシステム連携によって協業先との情報共有が可能なほか、システムが整備されていないサプライヤとは、Webを活用した需要、在庫、補充計画の情報連携ができるようになっている。

 一方、TM 6.0はグローバルサプライチェーンにおける企業間協業プロセスを管理することにより、輸送コスト、品質、納期の把握や輸送進捗の可視化を支援する輸送管理ソリューション。SCM 2007と併用することで、調達製造や出荷納入業務と物流業務の連携、サプライチェーンでの協業による合理性向上、可視範囲の拡張などが実現できるとしている。

SCM 2007の協業支援機能
  • ビジネスパートナーとの協業における需要、生産、補充、供給などの情報共有と連携
  • Webベース請求や製品設計変更など情報連携の迅速化機能
  • 製造委託、VMI、SMIなど複数の協業シナリオ
  • 計画ツール(SAP APO)マスタの共有化機能
TM 6.0の主な機能
  • 陸上・海上・航空・鉄道などマルチモーダルによる複合一貫輸送管理
  • 企業間・部門間をまたがる各種伝票のシステム内連携
  • 最適化エンジンによる輸送ルート、配車、業者選定の自動提案
  • EDIFACTなどの各種標準インタフェース
  • SAP EPRの入出荷機能や財務会計機能とのインタフェース

 
【関連リンク】
SAPジャパン、グローバルサプライチェーンを加速させる次世代SCMソリューションを提供開始(プレスリリース)

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5