SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IT Initiative Day(PR)

運用効率化に向けて ~標準化と自働化によるアプローチ~

IT Initiative day 2011 運用管理Special CTCシステムサービス セミナーレポート

2011年7月22日「IT Initiative day 2011 運用管理Special」が、“リスク対応戦略としての運用管理”をテーマに開催された。CTCシステムサービス株式会社 営業開発本部 営業企画部 部長の楠川宜玄氏のセッションでは「運用効率化に向けて~標準化と自働化によるアプローチ~」と題し、システム運用の効率化実現に向けた2つの方策「運用標準化のための手法」と「運用負荷軽減テクノロジ」が紹介された。

システム運用の標準化が生産性と品質向上の必要条件

CTCシステムサービス株式会社 営業開発本部 営業企画部 部長 楠川 宜玄 氏
CTCシステムサービス株式会社 営業開発本部 営業企画部 部長 楠川 宜玄 氏

 2011年4月に新社名となり、新しいスタートを切ったCTCシステムサービス(CTCS)。CTCとのタッグでシステム運用をワンストップで提供し、金融系をはじめとする数多くの顧客を持つ。そんなCTCSでコンサルタントとして活躍する楠川氏はシステム運用を取り巻く環境を、「複雑化する一方で、人件費に対するプレッシャーが年々厳しくなっている」と分析する。その背景として、システムがサイロ化して対応業務が増える反面、リリースが優先され、トラブルの原因を生み出す悪循環があるという。トラブル対策として多く見られるのが、二重確認や運用手順の追加で、抜本的な改革が必要と楠川氏は指摘する。さらに運用部門と他のステークホルダーの関係性を示し、「たとえば業務部門の要望に対して、必要性の検討が曖昧なままで、運用が考慮されていなければ、管理側に負担となり、生産性と品質の低下を招くことになる」などの課題をあげた。そうした状況下で、運用部門は何をすべきなのか。楠川氏は「運用の見える化を行ない、資料整備やバラツキの抑止を含め標準化し、生産性と品質を向上させつつ運用組織を最適化する」という方向性を示し、方策の第一のステップとして「標準化」をあげた。

運用の負荷を減らす「標準化」 IT組織に余裕を生む「自働化」

 標準化によってどのような効果があるのか。楠川氏は、誤りの発見が下流になるほど、修正コストが上がるという関係性を示し、「標準化のためのルールを作り、受入審査で検査することで最下流の運用コストが抑制される」と解説した。さらには、運用標準化を実現するための運用受入基準の考え方として、運用の戦略戦術の両面から総合的にチェックや判断を行ない、あらゆるステークホルダーと調整しながら進めることが理想的だという。しかしながら、現実的にはなかなか難しい。そこで「標準条件からはみ出た変更は、発注部門の責任として引き受ける」などのルールを決めるのも、現実的な1つの方法だという。

 そして、運用改革の標準化と並ぶキーワードとして、楠川氏は「自働化」をあげた。自働化によって組織に余裕が生まれ、人材の有効活用へとつながるという考え方はトヨタなどの製造業で深く浸透しており、決して新しいものではない。しかしながら、ITシステムにおける”ジドウ化”は、これまでバッチ処理などの“自動化”として省力化のアプローチにとどまっていた。しかし、これからは人による手順の決められた作業を“自働化”し、最適化を図ることを考えるべきだという。楠川氏は「突発的な運用トラブルを監視するだけでなく、その後の作業も自働化すること。さらには一次切り分けなど人の判断を補助する自働化が望ましい」と語り、監視プロダクトやジョブ管理プロダクトとの違い、自動化と自働化の違いについて説明した。つまり、人手の介入機会を「減らす」ことが自働化というわけだ。楠川氏はさらにフロー、ステップ、そして実行完了を可視化した自働化の概要を紹介し、「これまで難しかった『誰がいつ何をしたか』を部門をまたいで可視化できることに大きな価値がある」と述べた。

標準化・自動化のための施策をワンストップでスピーディに提供

 続いてCTCSのフレームワークとして、OpeRescueとOpeNextが紹介された。OpeRescueでは「業務の見える化」「業務のランク付け」「改善の方向性決定」により組織の力量を把握し、最適化を図ったうえで「カタログ化」「受入れ基準制定(標準化)」「組織体制の見直し」を進め、自働化を図りながら運用組織の最適化・運用品質の向上へとつなげていく。また、OpeNextは運用自働化の要件定義から自働化製品の導入、導入後の維持管理までをワンストップで提供するサービスパッケージとして紹介され、運用手順の調査・整理から実装、運用維持管理までの流れが説明された。

 最後に楠川氏は、CTCSの優位性について「ワンストップ提供」や「フレームワークの提供」「ガイドラインやテンプレートが既に準備されていること」などをあげ、「CTCSで標準化に向けた第一歩を踏み出してほしい」と呼びかけた。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3408 2011/08/31 12:54

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング