Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「61000セキュリティ・システム」に追加し最大400Gbpsのスループットを実現 チェック・ポイント、高速ネットワーク向けセキュリティ・ゲートウェイの新モジュール「SGM260」

  2014/01/30 15:45

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、「61000セキュリティ・システム」向けの新しいセキュリティ・ゲートウェイ・モジュール「SGM260」を発表した。

 「61000セキュリティ・システム」は、データセンターや通信事業者、クラウド・サービス・プロバイダ向けに開発されたセキュリティ・ソリューション。

 新モジュール「SGM260」により、従来比で2倍となる最大400Gbpsのファイアウォール・スループット、最大130GbpsのIPSスループットを実現するという。またSecurityPower Units(SPU)も最大33,000と2倍以上の性能を実現するとしている。

 「SGM260」を実装すると、パフォーマンスが向上するだけでなく、ポート密度を業界最高レベルにまで高め、より多くのネットワーク・セグメントに対応できるようになるという。

 また、「61000セキュリティ・システム」は、Software Bladeアーキテクチャに基づいているため、幅広いセキュリティ機能を自由に組み合わせて多層防御を実現するとしている。

 発表によると「SGM260」の主な特徴は次のとおり。

 ・最大33,000SPUにまで強化されたパフォーマンス
 ・最大400Gbpsのファイアウォール・スループット、最大130GbpsのIPSスループット
 ・2億以上の同時接続に対応
 ・ポート密度は10GbE×60、40GbE×8まで拡張でき、大規模データセンターやプライベート・クラウド環境の接続要件に対応可能
 ・SGM260はダウンタイムなしで61000セキュリティ・システムのシャーシに装着できるため、スムーズなパフォーマンス拡張が可能

【関連リンク】
製品の詳細

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5