SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

60秒でできる!Microsoft Word Tips集

【Word Tips】行間を狭くするには?

段落と改ページのTips (1)


「標準」スタイルを変更して、すばやく行間を狭くする方法を紹介します。

概要

 Wordでドキュメントを作成している時に、行間が広すぎると感じたことはありませんか?

サンプルファイル画面
サンプルファイル画面

 Wordで新規文書作成時にこのように行間が空くのは、「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」ようにしているからです。

 ちなみに「行グリッド線」とは、[ページ設定]ダイアログボックス-[文字数と行数]タブ-[グリッド線]ボタンを押下したときに表示される、[グリッド線]ダイアログボックスにあらかじめ指定された[行グリッド線の間隔]として指定された値となります。既定の行グリッド線の間隔は0.5行です。

 もしその行グリッド線の間隔を無視して行間隔を狭くしたい場合、「標準」スタイルの「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」を解除するとよいでしょう。本稿では、「標準」スタイルを編集して、手軽に行間を狭くする方法を紹介します。

操作手順

  1. サンプルファイル「sample.doc」を開きます。
  2. 4行目(「標準」スタイルが適用された部分)にカーソルを移動します。
  3. [書式]-[スタイルと書式]を選択するか、書式設定ツールバーの[スタイルと書式]ボタンをクリックします。
    書式設定ツールバーの[スタイルと書式]ボタンをクリック
    書式設定ツールバーの[スタイルと書式]ボタンをクリック
  4. [スタイルと書式]作業ウィンドウの[選択した文字列の書式]で、[標準]を右クリックして[変更]を選択します。
    [標準]を右クリックして[変更]を選択
  5. [スタイルと変更]ダイアログボックスの[書式]ボタンをクリックし[段落]を選択します。
    [スタイルと変更]ダイアログボックスの[書式]ボタンをクリックし[段落]を選択
  6. [段落]ダイアログボックスの[1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる]のチェックを外して[OK]ボタンをクリックします。
    [1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる]のチェックをはずす
  7. [スタイルの変更]ダイアログボックスに戻るので、[OK]ボタンをクリックします。
    [スタイルの変更]ダイアログボックスの[OK]ボタンをクリック
  8. [スタイルと書式]作業ウィンドウの[閉じる]ボタンをクリックします。
    [スタイルと書式]作業ウィンドウの[閉じる]ボタンをクリック
  9. すべての行間が狭くなりました。
    すべての行間が狭くなったあとの画面

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
60秒でできる!Microsoft Word Tips集連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

小濱 良恵(コハマ ヨシエ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/729 2008/10/23 16:38

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング