EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

#4 ハコの中にはホスピタリティ~コントロールセンターへようこそ~住商情報システムさん、netXDC

  2011/01/19 00:00

見える!床免震

サーバールームへ向かいます。共連れ防止のため、とても狭いゲートです。ここで、人の大きさを設定して、照射をかけているそうです。

真ん中に立ちます。カメラが一人だということを照射で確認します。トビラが閉まると2秒ほどでチェック終了。終わったらボタン押すと向こうのトビラが開くという仕組みです。静脈を登録していないゲストは、ワンタイムパスワードになっています。

死角がないように監視カメラが設置されています。あの、先ほどご紹介したCC2でみた映像がこれ。

ビームは出ません
ビームは出ません
免震装置の見える化!
免震装置の見える化!

ビル自体は耐震設計なのだそうですが、サーバールームだけ、床の免震を行っているそうです。これで、横揺れについては5分の1、。縦揺れには2分の1までに軽減できるそうです。この免震装置が36個ほど、このサーバールームに設置してあるそうです。ビル全体がゆれてもここだけは揺れない。なるほど。後付けでできちゃうわけですね。ちなみに、床が透明になっているのは、免震装置をお客さんに目で確認してもらうためだそうです。

さて、1階でキーボックスから取り出した鍵のラックがこれ。

APCのラックを全面的に導入
APCのラックを全面的に導入
ファンはオプション
ファンはオプション

床下に流れる冷たい空気があるのをラックの前面にながしていきます。

これもオプション
これもオプション

掃除機みたいな音がします

背面から出す熱気を吸いこんでそのまま天井に出してしまおうというものです。熱を直接吸い取って直接出すことで、かなり電気効率がよくなるそうです。

電気をどれくらい使っているかはこちらでチェックできます。

2アンペア使ってますね
2アンペア使ってますね

ネットワークケーブルがささってますね。監視センターでみてるんですよ、これ。あまり使いすぎていると昼夜を問わず、アラートが携帯メールに飛ぶようになっているのだそうです。

はい、サーバールーム見学はここまで。これより先は高野さんによるデータセンター講義の時間ですよ!


著者プロフィール

バックナンバー

連載:2010年データセンターの旅
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5