EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ガンブラー対策、内部統制対応に適したソリューション 日本ユニシス、KCCSと協業してSaaS型変更管理サービス「iSECURE Tripwire for SaaS」を提供

  2010/10/07 19:34

日本ユニシスは、変更管理ソリューション「Tripwire(トリップワイヤ)」を利用したSaaS型変更管理サービス「iSECURE(アイセキュア) Tripwire for SaaS」を11月1日より販売開始すると発表した。
 

発表によると、Webサイトのセキュリティ維持は企業経営の必須要件であり、ガンブラーなどのウイルスやサイバー攻撃による改ざんなどを即時に検知するソリューションが求められている。また、内部統制の観点からも、サーバの設定変更管理の重要性は高まっている。しかし、変更管理ソリューションを自社で導入、構築、運用することは、運用や初期コストの負担が大きく、対応を躊躇している企業が多いのが実情だという。

このような企業システムが抱える課題を受け、日本ユニシスは、京セラコミュニケーションシステム(KCCS)と協業し、SaaS型「Tripwire」サービスを商品化した。「iSECURE Tripwire for SaaS」は、「Tripwire」を使って、システム管理者にインターネット上で管理画面を提供する日本初の変更管理サービスだという。

「iSECURE Tripwire for SaaS」の特徴は、以下のとおり。

1. SaaS型サービスのため、導入期間やコストを大幅に削減
2. サーバに対するあらゆる変更を管理し、システムダウンや情報漏えいのリスクを軽減
3. インターネット接続環境とブラウザさえあれば、指定サーバの変更管理が可能

■ニュースリリース
http://www.unisys.co.jp/news/nr_101007_tripwire.html

■サービスの概要
http://www.unisys.co.jp/news/pdf/nr_101007_tripwire.pdf
 

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5