SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

直近の人気記事は? ランサムウェア対策、博物館法の改正、日本郵政……

─[vol.748] ──────────────
このメールは翔泳社のメディア・イベント・サービスにご登録いただいた方に
お送りしています。配信の停止は文末をご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人気ランキング(2023-11-02~2023-11-17)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。EnterpriseZine編集部です。
2023年11月02日~11月17日の
人気記事・ニュースランキングをお送りします。

<記事>

●1位 ランサムウェアによるインシデントは10倍に──3つの侵入経路から考える
「傾向と対策」

10月10日に発生した全銀ネットの障害は、企業や個人に多大な影響をもたらしまし
た。ですがこの再発防止を検討する際、原因と対処を全銀ネットだけに求めていて
は根本的な解決になりません。筆者としては、業界および監督官庁まで巻き込ん
だ、強固な仕組みづくりが必要だと考えます。そこで本記事では、全銀ネットにそ
の責を求めるのではなく、むしろ社会全体でこの問題にどう向き合うべきか、提言
してみたいと思います。
https://enterprisezine.jp/article/detail/18549?utm_source=enterprisezine_regular_20231120_31308&utm_medium=email&utm_campaign=ez_ranking_html

●2位 博物館法改正で“デジタルアーカイブ”への要請高まる──推進の鍵を握
る「デジタルアーキビスト」とは

2018年に経済産業省が「DX推進ガイドライン」を発表したことで、急速に広まった
「DX」という言葉。DX推進と銘打ってさまざまな業務をデジタル化したものの、企
業価値の創出や競争優位性の確立につながっていないケースも多いのではないだろ
うか。
https://enterprisezine.jp/article/detail/18674?utm_source=enterprisezine_regular_20231120_31308&utm_medium=email&utm_campaign=ez_ranking_html

●3位 「3層モデル」で全国2万4000局のセキュリティ対策を──CISOが語る日本
郵政グループの戦略とは

生成AIブームの盛り上がりは凄まじい。ビジネス領域で、特に活用が進んでいるの
はマーケティング分野だろう。東京大学・松尾豊教授の下、人工知能(AI)を専攻
し、AIベンチャーのデータアーティストを経て、電通グループに参画、生成AIサー
ビス群「∞AI(ムゲンエーアイ)」を起ち上げた山本覚氏に、これまでの歩みと今
後の展望を聞いた。
https://enterprisezine.jp/article/detail/18692?utm_source=enterprisezine_regular_20231120_31308&utm_medium=email&utm_campaign=ez_ranking_html

●4位 “失敗しない”ゼロトラストは「3つの基本要素」からシンプルに JR東海
や西松建設の実装例を交えて解説

新たな脅威が絶え間なく現れる現在のサイバー環境において、多くの企業がセキュ
リティ対策の進展に苦慮しているのではないか。一因として業務の工数が逼迫して
おり、セキュリティ対策を進めるための人員を増やす余裕がないという問題が挙げ
られる。
https://enterprisezine.jp/article/detail/18571?utm_source=enterprisezine_regular_20231120_31308&utm_medium=email&utm_campaign=ez_ranking_html

●5位 金融業界でも活用進む生成AI、三菱UFJがAWSで進める取り組みの現在地

設立から2年を迎えたデジタル庁。9月26日から27日にかけて開催した「Security O
nline Day 秋の陣」に第2代デジタル大臣の牧島かれん氏が登壇した。ノンフィク
ションライターの著者が、牧島氏の著書『日本はデジタル先進国になれるのか?』
(日経BP)を参考に、この2年の成果とサイバーセキュリティに関する動きを聞い
た。
https://enterprisezine.jp/article/detail/18667?utm_source=enterprisezine_regular_20231120_31308&utm_medium=email&utm_campaign=ez_ranking_html

<ニュース>

◆第1位 北國銀行、勘定系システムをマルチクラウドで運用へ 新たにGoogle Cl
oudを採用
https://enterprisezine.jp/news/detail/18787?utm_source=enterprisezine_regular_20231120_31308&utm_medium=email&utm_campaign=ez_ranking_html

◆第2位 ガートナー、2024年に重要なインパクトを持つ10の「戦略的テクノロジ
のトップトレンド」発表
https://enterprisezine.jp/news/detail/18767?utm_source=enterprisezine_regular_20231120_31308&utm_medium=email&utm_campaign=ez_ranking_html

◆第3位 長野県信用組合、営業支援システムをSalesforce製品をベースに富士通
が開発したものへ刷新
https://enterprisezine.jp/news/detail/18756?utm_source=enterprisezine_regular_20231120_31308&utm_medium=email&utm_campaign=ez_ranking_html

◆第4位 4年ぶりに「Google Cloud Next Tokyo '23」を開催 中外製薬は生成AI
活用へ
https://enterprisezine.jp/news/detail/18778?utm_source=enterprisezine_regular_20231120_31308&utm_medium=email&utm_campaign=ez_ranking_html

◆第5位 Kindleで50%オフ、12/1まで翔泳社の本が対象となる大型セール実施中
https://enterprisezine.jp/news/detail/18745?utm_source=enterprisezine_regular_20231120_31308&utm_medium=email&utm_campaign=ez_ranking_html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの配信停止はこちらからお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/ez?token=&utm_source=31308&utm_medium=email

配信先の変更はこちらから(ログインが必要です)。
https://shoeisha.jp/users/account

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/ez/
 へご連絡ください。
発行:株式会社翔泳社 EnterpriseZine編集部
(c)2006 SHOEISHA. All rights reserved.

Job Board

AD

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング