SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

パスロジ、アプリケーション認証画面にトークンレス・ワンタイムパスワードを組み込む「PassLogic API」を提供開始

 このAPIを用いてPassLogicサーバーと連携することで、クライアントアプリケーションやWebアプリケーション、クラウドアプリケーションの認証において、PassLogicが提供するトークンレス・ワンタイムパスワード認証や、TOTP(Time-based One-Time Password)方式のソフトウェアトークンやハードウェアトークンによる認証が適用できるようになる。また、PassLogicで認証するユーザーの管理についても、APIを通じて連携したアプリケーション上での管理が可能になる。

 PassLogicの特徴であるトークンレス・ワンタイムパスワード認証は、画面に表示される乱数表の中から、ユーザーごとに設定されている“位置”および“順番”(シークレットパターン)に沿って数字を抽出し、つなげることでパスワードを生成する仕組み。乱数表を表示するたびに表内の数字が変わるため、パスワードとなる数字も毎回変わり、ワンタイムパスワードとなる。第三者が乱数表を見ても数字を抽出する位置がわからなければ、パスワードを判別できない。

 認証用の専用機器が不要なため、他の認証形式よりも導入・運用コストの削減が期待でき、ユーザーが機器を持ち歩く必要もない使い勝手の良さが特徴になっている。PassLogic APIにより、このトークンレス・ワンタイムパスワード認証に必要な乱数表を、連携したアプリケーションの認証画面への表示が可能になる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10244 2017/12/25 16:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング