SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

サービス&セキュリティ、人材とセキュリティを融合した総合セキュリティサービス「e-Gate」を提供開始

 このサービスの中核拠点である「e-Gateセンター」は、セキュリティオペレーションセンター(SOC)に人材育成機能を加えたもので、SSKに在籍する1,000名余のエンジニアを即戦力になるサイバーセキュリティエンジニアとして育成するという。

 総合セキュリティサービス「e-Gate」は、ITセキュリティの枠組みを超えた人材とサイバーセキュリティサービスを融合させた新しいサービスだという。以下の3つのサービスを軸に、ITシステムのライフサイクルに密着したサイバーセキュリティ対策をトータルにサポートする。また、サービス導入後も、経験豊富なセキュリティ専門家のアドバイスによるきめ細かいアフターフォローによって、企業のセキュリティ管理負担を大幅に軽減するとしている。

 1. セキュリティ人材サービス:セキュリティエンジニアが顧客企業のプライベートSOCやCSIRTに常駐し、セキュリティシステムの運用監視やインシデント発生時の原因調査を行う。また、「e-Gateセンター」がセキュリティエンジニアをバックアップするため、より質の高いサービスを提供可能。

 2. セキュリティ運用監視サービス:セキュリティ機器を24時間365日有人監視。AI技術を使い、セキュリティ機器のログをリアルタイムに分析し、高い精度の攻撃検知が可能。

 3. セキュリティ対策支援サービス:各種診断からアドバイス、システム構築まで、あらゆる情報セキュリティニーズにワンストップで対応。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10446 2018/03/01 14:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング