SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

国内トラディショナルPC市場、2017年の出荷台数は前年比4.1%増で1,099万台――IDCが実績値発表

法人市場は前年比5.3%増の672万台、家庭市場は同比2.4%増の427万台

 発表によると、2017年通年のトラディショナルPC出荷台数は、前年比4.1%増の1,099万台となった。内訳を見ると、法人市場が同比5.3%増で672万台、家庭市場は同比2.4%増の427万台となった。2017年通年のカンパニーの動向を見ると、NECレノボ グループと富士通は若干シェアを落としたものの、順位はそれぞれ1位、2位を維持した。日本HPとデルは昨年に引き続きシェアを伸ばし、それぞれ3位、4位となった。

 2017年第4四半期のトラディショナルPCの出荷台数は、前年同期比3.7%増で269万台となった。法人市場は同比11.6%増、166万台、家庭市場は7.0%減で103万台だった。法人市場は2016年第2四半期(4月~6月)以降順調に回復しているが、2017年に入ってからの拡大の背景には、2013年から2014年の前半に大量に購入されたPCの買い替えが発生していること、また、2020年1月に予定されているWindows 7の延長サポート終了を見据えたWindows 10搭載PCへの買い替えプロジェクトが発生していることが考えられる。

 家庭市場については、2017年第1四半期(1月~3月)から続いていたプラス成長が第4四半期に息切れした結果となった。第1四半期以降の好調はAppleの牽引によるところが大きかったが、第4四半期にはAppleが二桁の減少に転じたことが家庭市場のマイナス成長の要因の1つとなっている。

上位5社は、NECレノボグループ、富士通、日本HP、デル、東芝

 2017年第4四半期における上位5社のカンパニーシェアについては、NECレノボ グループと富士通がそれぞれプラス成長を達成して1位、2位となった。毎四半期3位を巡って日本HPとデルが僅差で争っているが、第4四半期については日本HPが制する結果となった。

 NECレノボ グループは、法人市場の伸びが家庭市場の低調をカバーし、全体ではマーケット平均の3.7%増を大きく上回る前年同期比6.7%増を達成した。

 富士通は、法人市場および家庭市場とも好調で、全体で同比4.0%増となった。特に教育分野での伸びが目立った。

 日本HPは、法人市場、家庭市場ともに二桁成長を達成し、全体で同比13.9%増と上位5社の中で最も高い伸びを示した。

 デルは、家庭市場での拡大が2年間続いていが、ここに来て一段落し、法人市場でもやや弱めだったこともあり、全体で同比0.1%減となった。

 東芝は、全体で同比17.4%減だったが、大企業向けは順調だった。

 IDC Japan PC,携帯端末&クライアントソリューション グループマネージャーの市川和子氏は「家庭市場はIDCの予測通り2016年で底を打ち、2017年は多少プラスに転じた。しかし、2018年以降は、話題性のある家電製品や白物家電に支出のシェアを奪われるので、PCの苦境はつづくであろう。法人市場は、2018年前半からWindows 10への移行が顕在化するとみており、2019年末まで高成長が期待できる」とコメントしている。

参考資料1:国内トラディショナルPC市場 カンパニー別出荷台数およびシェア(作成:IDC Japan)
参考資料2:2008年~2017年 国内トラディショナルPC市場 出荷台数および対前年成長率(作成:IDC Japan)
参考資料3:2017年第4四半期 国内トラディショナルPC出荷台数 トップ5カンパニーシェア(作成:IDC Japan)

 今回の発表は、IDCが発行した「国内PC市場 2017年第4四半期の分析と2018年~2022年の予測」にその詳細が報告されている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10456 2018/03/05 14:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング