EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2018年第1四半期の国内トラディショナルPC市場、法人市場は前年同期比6.0%増の205万台――IDCが実績値発表

  2018/05/30 14:30

 IDC Japanは、国内のトラディショナルPC市場出荷実績値について発表した。これによると、2018年第1四半期(1月~3月)の国内トラディショナルPC出荷台数は、法人市場が前年同期比6.0%増の205万台、家庭市場は同比9.9%減の108万台、両市場合わせて同比0.1%減の313万台となった。2016年第3四半期から続いていた成長は一旦減速する結果となった。

OSの移行作業は大企業が先行し、中堅・中小企業へ波及する

 法人市場だけを見ると、成長トレンドが継続しており、今後も好調を維持すると予測される。過去の数四半期は大企業が成長を牽引していたが、この現象はWindows XPサポート終了以前にも見られた。大企業が新しいOSへの移行に向けた作業を、時間的余裕を持って開始し、サポート終了を待たずに移行を実施するためだ。Windows 10への移行も現在は大企業を中心に進んでいるが、まもなく中堅・中小企業へも波及するとIDCではみている。

 家庭市場については、昨年第1四半期~第3四半期が好調であったため、昨年第4四半期以降の需要を多少先食いしていた、また、好調な家電に支出シェアを奪われていることが考えられる。

台数シェアはNEC レノボグループと富士通が不動の1位と2位で、3位は僅差で日本HP

 カンパニー別の出荷数上位5社は次のとおり。家庭市場ではアップルが2位を堅持している。

 NEC レノボグループは、法人市場では前年同期15.7%増、家庭市場は同比13.0%減で、法人市場におけるNECおよびレノボ両ブランドの復調が目立った。全体では同比3.6%増となり、法人市場の好調が家庭市場の不調を補う形となった。

 富士通は、法人市場で同比7.9%増、家庭市場では同比24.6%減となり、全体では同比0.4%増だった。富士通は、法人市場では特に大企業セグメントにおける伸びが顕著で、公共および家庭市場の落ち込みをカバーしている。

 日本HPは、法人市場で同比4.6%増、家庭市場は同比2.5%増、全体で同比4.3%増。Top 5カンパニーの中では、両市場を合わせた全体市場で最も高い成長率を示した。

 デルは、法人市場は同比4.2%増、家庭市場では同比3.0%減で、全体では同比2.0%増となった。本来強いはずのデスクトップPCで伸び悩みが続いている。

 東芝は、法人市場で同比0.5%減、家庭市場では同比25.6%減となり、全体では同比11.1%減。低調が続く東芝だが、ノートブックPC市場で第3位を維持している。

 IDC Japan PC, 携帯端末&クライアントソリューション グループマネージャーの市川和子氏は「NECレノボ グループと富士通の戦略的パートナーシップ契約が5月に正式に締結した。IDCでは、このパートナーシップは部材調達における協力関係に留まり、富士通PCの製品計画、製造、マーケティングや販売の戦略立案・実行には独立性が確保されるとみている。調達のコストメリットを享受する富士通PCがシェア拡大路線へ向かうのか、特に2020年まで拡大が予想される法人分野でどう動くのか注目している」とコメントしている。

参考資料:2018年第1四半期 国内トラディショナルトPC出荷台数 トップ5カンパニーシェア(作成:IDC Japan)

 今回の発表は、IDCが発行した「国内PC市場 2018年第1四半期の分析と2018年~2022年の予測」にその詳細が報告されている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5