SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アールワークス、スマホアプリ・Webアプリ・IoT機器の脆弱性をホワイトハッカーが診断するサービスを提供開始

「SECURE-AID Advanced」サービス概要

 1. スマートフォンアプリの脆弱性診断

 iOS/Androidアプリ両方でリバースエンジニアリングでの静的診断を実施。スマートフォンアプリは、サーバー上のAPIとスマートフォン内のクライアントアプリによって構成されているため、サーバー上のアプリとクライアントアプリの両方に対して脆弱性診断を行う。

 ・アプリ解析:データ共有機能のアクセス不備/アプリ連携機能のアクセス制御不備/WebViewの脆弱性有無/難読化の有無/ソースコードへの重要情報出力有無

 ・端末データの検査:端末内のデータの不備/端末内データ改ざんによる不正行為/パーミッションの不備/SDカードへの機密情報の出力/ログへの機密情報の出力

 ・APIサーバーへの通信内容の検査:不正通信の確認/サーバー環境の不備/セッション管理/エラー処理状況/通信路の問題

 2. Webアプリの脆弱性診断

 Java、PHP、Perl、Rubyなどで開発されたWebアプリケーションに対して検査を行う。Webアプリケーションの設計や実装、ロジック等に起因して、ネットワークを経由して不正侵入や情報漏洩、サービス不能に悪用することのできる脆弱性がないか、実際にネットワークを経由して不正な値の入力や、リクエスト改ざん、不正コードの挿入等の擬似攻撃を行い確認。

 3. IoT機器の脆弱性診断

 プロトコル診断、DoSテスト、ファームウェアテストなどを実施。

 イエラエセキュリティは、スマートフォンアプリやWebサービスのセキュリティ診断業務に特化したホワイトハッカーで構成されたセキュリティ脆弱性診断企業。経済産業省主催のCTFチャレンジジャパンや、世界最大のハッキングイベント「DFECON CTF」で好成績を残したホワイトハッカーチームのメンバーが中心となり創業。高精度の診断技術を有するハッカーの診断能力 が認められ、大手企業やセキュリティベンダからセキュリティ診断業務を受けているという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10861 2018/06/15 15:45

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング