EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NECと日本マイクロソフト、「Microsoft 365」の導入をサポートする新サービス「NEC 365」を共同開発

  2018/08/30 15:15

 NECと日本マイクロソフトは、マイクロソフトのクラウドソリューション「Microsoft 365)」導入時に必要なサービスを組み合わせた「NEC 365」を共同開発し、8月30日からNECが販売活動を開始すると発表した。

 「NEC 365」では、Windows 10やOffice 365が利用できる「Microsoft 365」に加え、約300社/約100万ユーザのOffice 365導入実績で培ったノウハウをもとに、運用管理者が直面するクラウドサービス特有の課題を解決する、NEC独自の付加価値サービスが提供される。

 このサービスは、マイクロソフトのクラウド領域における戦略的協業に基づき、日本マイクロソフトのプレミアサポートの連携により実現している。今後は、両社が共同でマーケティングや提案活動を推進していくとしている。

「NEC 365」のサービスラインナップ

「NEC 365」主な特徴

 1.「Microsoft 365」の導入から運用、定着化までの課題を解決する各種サービス

 「Microsoft 365」に、NECが独自に培った付加価値の高いサービスを組み合わせ、業界に先駆けたサービスとして提供。「Microsoft 365」をスムーズに導入、利用、運用、保守していくために必要な機能を、5カテゴリ(「導入」「運用」「セキュリティ」「利活用促進」「利便性向上」)、15サービスとして提供し、「Microsoft 365」を採用する情報システム部門やエンドユーザが直面するクラウドサービス特有の課題を解決する。

 2. 豊富な導入ノウハウを活かした「運用」「セキュリティ」関連サービス

 約300社/約100万ユーザIDのOffice 365導入、5,000社の運用サービスなどの実績を持つNECが「運用代行」サービスを開発。このサービスにより、更新頻度の高い「Microsoft 365」の機能やサービスの更新情報を、日本マイクロソフトと連携したNECがタイムリーに把握・影響範囲を整理し、情報レポートを提供、パッチの最新化やライセンスの管理などを行う。

 また「ファイル暗号化サービス」は、「Microsoft 365」では暗号化できないテキスト(txt、xml)、CADなどの様々な形式のファイルや、クラウドストレージ「OneDrive for Business」内のファイルも自動的に暗号化できる。

 さらに「ヘルプデスクサービス」は、Office 365の操作方法や障害時の原因調査などに加え、「Microsoft 365」に含まれる「Windows 10 Enterprise」の導入や利用促進も支援する。専用Webサイトや電話で24時間365日での問い合わせが可能。

 3. 日本マイクロソフトによるサービス開発およびサポート体制の支援

 「NEC 365」で提供される各サービスは、日本マイクロソフトのプレミアサポートの技術者向け、教育サービス・問い合わせ対応・最新情報提供サービスなどの支援を受けた開発・サポート体制のもと、提供される。また、両社は、共同で「NEC 365」の提案活動を行う。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5